2015年10月02日

被災、という言葉と、復興という言葉。防災ということを考えるにあたって、直後の災害対応について考えるだけでなく、より長い時間軸、人や街や共同体が新しい姿を模索していくことを中長期的な視点で捉えることは、このユレッジというプロジェクトが一定の役目を終えていないとする、一つの重要な論点ではないかと思っています。被災という言葉のある意味での卒業、或いは、復興という言葉の終わり、というのは何か明示的な定点の区切りで起こることではなく、それぞれの場所や、それぞれの人、それを取り巻く社会や環境において、徐々に移りゆく、揺らぎのある変化なのではないでしょうか。

ユレッジではおよそ今から2年ほど前、2013年の5月に、当時、ISHINOMAKI 2.0のメンバーとして東日本大震災後の石巻のまちづくりに取り組まれていた渡邊享子さんに寄稿をいただきました。

「【防災】の制約を超えていく社会と環境のデザイン」 - 渡邊 享子 / 日本学術振興会特別研究員 / ISHINOMAKI2.0 - ユレッジ : 日本の「揺れやすさ」と地震防災を考えるサイト

あれから2年が経ち、2015年の9月27日、石巻ではCOMICHI石巻というシェアハウスと商業施設の機能を持つ、新しいスペースがオープンしました。そこに至る道程は、震災以降、被害を受けた土地の地権者の方々、まちの人々、専門家、専門業者、そして公的なサポートも含め、多くの「ヒト」「モノ」「コト」を巻き込むことによって進められて来た「まち」を「つくる」ための「プロジェクト」でした。そのオープン当日を取材させていただきましたので、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

3つの飲食店とシェアハウスの機能を持つ、複合型施設のCOMICHI石巻。

3つの飲食店とシェアハウスの機能を持つ、複合型施設のCOMICHI石巻。

身の丈にあった住みやすさ、のための工夫

COMICHI石巻のCOMICHIには「Community with Interaction, Creativity, History, and Innovation(交流と創造力、革新のあるコミュニティー)」という意味があります。COMICHIという言葉で思い浮かぶ通り、この施設は松川横丁という小路に面しています。このエリアは古くから港町として栄えた石巻にあって、長旅から帰って来た人たちが川岸から少し歩みを進めて路地に入り、労を癒やすのに利用された老舗の飲食店が多くひしめくエリアだったそうです。震災前にも飲食店8店舗が軒を連ね、しかし、半分が津波で被災、木造2棟を残すのみとなり、石巻の中心市街地にあって、この土地をどうしていくのか協議が進められて来ました。

プロジェクトの発起人でもあるLLC.MYラボの阿部紀代子さんからは「1人で立て直すのではなく、皆で立て直す」というお話がありました。このプロジェクトで考えてきたのは「身の丈にあった住みやすさ」ということなんだそうです。そのために重要視されていたのは、「プラン」つまり計画、ではなく、「プロセス」つまり過程でした。

COMICHI石巻の事務局も勤める渡邊享子さんによると、この5年間の間にプロジェクトは大きくこのようなプロセスを経て来たそうです。

まちづくりとは何か→設計→どういう人が住んで欲しいのか→事業の資金計画・事業計画→テナント出店希望・プロデュース→企画・ブランディング・詳細の設計→着工→上棟式

こういった段階を経る中で、折々でワークショップの形を取ったり、イベントの形を取ったり、あるいは飲み会の形を取ったり、多くの対話の機会を持ちながら、地権者の方々、まちの人々、専門家、専門業者、そして公的なサポートを巻き込んで、工費の高騰や建築需要の増大というアゲインストもありながら、ゆっくりしかし着実にプロセスは進められて来たと言います。地域の多世代に関心を持ってもらいつつ、地域の高校生にDIY施工を手伝ってもらったり。渡邉さんの以前の寄稿の

現在、コミュニティ・デザインと呼ばれている参加型デザインによる空間の表現の実現は1960年代、半世紀も前に端を発するものでした。しかし、空間とシステムが切り分けられ、共感できる一つの絵としての計画に集約するプロセスにいかに参加するかが論点となっています。

という言葉にもある通り、多くの人がそのプロセスに参加することになったこのCOMICHI石巻は、「オープン前に、まちの人が皆知っている」という状態を実現できたと言います。

長い時間と多くのプロセスを経て、多くの人が参加する形でプロジェクトは進められて来た。

長い時間と多くのプロセスを経て、多くの人が参加する形でプロジェクトは進められて来た。

記者会見で特に興味深かったポイントとして、コストマネージメントやリスクマネージメントについて、設計・事業コーディネートを担当したLLC 住まい・まちづくりデザインワークスの野田明宏さんからご説明がありました。COMICHI石巻は「優良建築物等整備事業」という国のプログラムを利用して建造されており、このプログラムが石巻で利用されるのは初めての試みということでした。建物は鉄骨と一部木造という形になっていて、地盤が弱いこのエリアにあって、鉄筋コンクリートは支柱をかなり深いところまで打ち込まねばならず、構造物の重量を「軽く」することが、コスト削減に繋がっているそうです。地権者の方々や、入居する人たち、そして街の人たちに過度な負担をかけない。こうした試みも「身の丈にあった住みやすさ」を実現するための、大事な工夫なのだろうと思います。

「まちづくり」にコミットする人をサポートする

また特徴的だったのが、シェアハウスに入居する人たちは石巻へのUターン、ないし、Iターンをして来た震災時に石巻に住んでいなかった人たち、商業施設で営業する「Ciel etoile(シェルエトワレ)」、カジュアル洋食ダイニング「SANGI(サンギ)」、シャンパンと一緒に寿司が楽しめる「樹琳(きりん)」という3つの飲食店も、周辺で営業して、この場所で新しい挑戦を始めたい店舗、ということで、この施設の入居者自体が「石巻の新しいまちづくり」にコミットするメンバーにになっているということです。

震災後、仮設住宅に住む人も多い中、このことについてはなかなか理解を得るのに時間もかかった、と渡邊さんはおっしゃっていました。けれども、石巻の松川横丁とその周辺で育まれて来た文化や歴史という文脈、そして震災で失ったものを立て直すという未来に向けたアクション、これまでとこれからの融和のためのジョイント(結合部)として、このCOMICHI石巻は作られたのだろうと感じます。COMICHI石巻というプロジェクト自体が、石巻の街に向けたメッセージになっている。

記者会見でご挨拶をされていたLLC.MYラボの阿部さんは「今日が終わりではなく、どういう街にしていくかという始まり」という言い方をされていました。メッセージは、より多くの人の思いを乗せて、より強い意味を持ち得ます。COMICHI石巻で行われたコミュニティ・デザインは、そのコミュニティ内に留まるだけでなく、そこに接点を持った様々な人々とのコミュニケーションへと育っていくのではないでしょうか。

防災とまちづくり

渡邉さんは防災について、以前こういう言い方をしています。

被災した石巻の中心市街地に住みたいという移住者に「津波の危険は考えないのですか」と、聞いたことがありました。これに対して「高台にいるよりも揺れたときに職場やよく知っている人がいる中心市街地にあえて住みたい」とお話をいただきました。このように物理的空間の問題にとどまらない生活の豊かな考え方が、防災に対して土木構造物よりはリアルな実感をもってつながること。防災とは、社会や環境と上手につきあうことなのだと腑に落ちた気がしました。

今回、石巻を訪問していた時に、地元の方と防潮堤のお話になりました。防災対策として、国の規模で街を守る仕組みが果たすべき役割もあるでしょう。ただ、「社会や環境と上手につきあう」、つまり、きちんと機能するコミュニティを新しいまちの中にも生み出すCOMICHI石巻のような試みは、「身の丈にあった住みやすさ」が防災にもリンクする、ということに気付かされます。

21586164019_7807897d52_k

明るい天窓のある細い廊下で、取材陣も行き違うのに会釈をしながら譲りあう一コマも。住む人の日々の小さなコミュニケーションが生まれそう。

建物にも現実的な解決策として防災の視点は活かされています。震災時、鉄筋コンクリートの建物は津波によって壁ごと押し潰されたものが多かったそうですが、今回の鉄骨と一部木造という構造体は、壁こそ流される可能性はあるにしても、構造体として残る可能性は高いそうです。また、この地域は震災後も大雨で浸水の被害を受けることが多く、建物の地面を道路から30cmあげてあるということです。

災害対策は一意の問題に対して一意の解決策がある、というものではなく、複合的な問題に対して、複合的にでき得る(現実的な)解決を考えていくアプローチが必要だと思います。防災は「住みやすさ」「暮らしやすさ」「便利さ」「美しさ」「負荷のなさ」様々なことと共存しなければならないからです。そういうところに、自然に相対しなければならない時の人が為すべき「工夫」があるように思いませんか。

まとめ

駆け足ではありましたが、COMICHI石巻を通した石巻のまちづくりについて、そのプロセスの意味を考えて来ました。その上で、このプロジェクトは街の人のためのもの、いろいろな気持ちを抱いてるのは街の人だろうなと思います。ただ、あれほど甚大な被害を受けて、日本の色々な場所に住む人にとって、「被災」や「復興」について考える機会は生まれ、そこに確たる答えは未だ用意されてないようにも思います。

COMICHI石巻のような新しいまちづくりの事例が、石巻という街で生まれたことは、我々が「防災」ということを中長的な時間軸で考える上において、モデルケースにもなり得るでしょうし、希望でもあるのだろうし、もう少しくだけた言い方をすると「明るいニュース」なのではないでしょうか。

そんな思いを込めて、石巻のまちづくりのレポートでした。

「【防災】の制約を超えていく社会と環境のデザイン」 - 渡邊 享子 / 日本学術振興会特別研究員 / ISHINOMAKI2.0 - ユレッジ : 日本の「揺れやすさ」と地震防災を考えるサイト

21585050490_968f97973b_k

日和山から運ばれたという、COMICHI石巻のシンボルツリー。

関連記事

丸山 宏 / 統計数理研究所副所長・教授

「レジリエンス」。自己回復力などとも訳されます。このことはこの1年のユレッジのサブテーマでもありました。1年以上前にこの言葉を最初に僕に教えてくださったのが、統計数理研究所副所長・教授の丸山宏さんでした。2015年3月1 …

詳細を読む

渡部 慶太 / (特活)石巻復興支援ネットワーク 理事

「復興は進んでいますか?」そういう質問をたまに耳にすることがあります。石巻復興支援ネットワーク 理事の渡部 慶太さんに寄稿いただきました。2011年以前と以降で東日本大震災は社会起業と呼ばれていた世界にどう影響を及ぼした …

詳細を読む

嶋田 洋平 / らいおん建築事務所 代表 / 北九州家守舎代表取締役 / 建築家

私たちは、自分の街のことをどのくらい知っているでしょう?家と駅とコンビニを結ぶ導線以外の道を通ったことはありますか?駅とは反対側の道を歩くとどんな景色が広がっているのか知っていますか?そして、災害が起きた時、またもう一度 …

詳細を読む

高橋 憲一 / Hack For Japan スタッフ / イトナブ理事

震災から3年余りを過ぎて、ITと防災の分野で、ここまで行われてきたことを振り返って俯瞰し、これからの取り組みの見通しが効くようにしたい、それがHack for Japanの高橋憲一さんへのお願いでした。テクノロジーの未来 …

詳細を読む

鈴木 さち / 東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻博士課程後期1年 / RAW

東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻博士課程後期1年の鈴木さちさんにRAW(リスク&アーキテクチャー・ワークショップ) 石巻をレポートいただきました。イベント・レポートのみならず、そこに至るまでの経緯も含めて、丁寧に …

詳細を読む

北村 孝之 / NPO法人ボランティアインフォ 代表

災害ボランティアセンターをご存知でしょうか。ボランティア希望者とボランティア団体をつなぐ、NPO法人ボランティアインフォの北村 孝之さんにユレッジでインタビューしました。災害時、災害後、求められる中間支援がボランティアの …

詳細を読む

野田 祐機 / 公益社団法人助けあいジャパン 代表理事

公益社団法人助けあいジャパン 代表理事の野田 祐機さんに寄稿いただきました。全国47都道府県から2,000人もの学生を東北へ連れて行く「きっかけバス」。復興や防災を自分ごとにするための助けあいジャパンのプロジェクトです。 …

詳細を読む

ユレッジからのお知らせお知らせ一覧へ

今、読まれている記事

20-maruyama 19-hasebe 18-watanabe 17-eguchi
  • 20-maruyama-thumb
  • 19-hasebe-thumb
  • 18-watanabe-thumb
  • 17-eguchi-thumb

丸山 宏 / 統計数理研究所副所長・教授

「レジリエンス」。自己回復力などとも訳されます。このことはこの1年のユレッジのサブテーマでもありました。1年以上前にこの言葉を最初に僕に教えてくださったのが、統計数理研究所副所長・教授の丸山宏さんでした。2015年3月1 …

詳細を読む

長谷部 雅一(はせべまさかず) / Be-Nature School スタッフ / 有限会社ビーネイチャー取締役 / アウトドアプロデューサー / ネイチャーインタープリター

誰しもが一度は「アウトドアって防災に役立つのでは?」と考えたことあるのではないでしょうか。アウトドアプロデューサー、ネイチャーインタープリターの長谷部 雅一さんにうかがったお話は、アウトドアの経験が防災に役立つ、という話 …

詳細を読む

渡部 慶太 / (特活)石巻復興支援ネットワーク 理事

「復興は進んでいますか?」そういう質問をたまに耳にすることがあります。石巻復興支援ネットワーク 理事の渡部 慶太さんに寄稿いただきました。2011年以前と以降で東日本大震災は社会起業と呼ばれていた世界にどう影響を及ぼした …

詳細を読む

江口 晋太朗 / 編集者 / ジャーナリスト / NPO法人スタンバイ理事

今日、防災について考えるにあたって、欠かすことのできないものが「情報」です。編集者、ジャーナリストでNPO法人スタンバイ理事でもある江口晋太朗さんに、防災とジャーナリズムについて改めてお話をいただきたい、というのが今回の …

詳細を読む

小島 希世子 / 株式会社えと菜園 代表取締役 / NPO農スクール 代表

ユレッジでまだ食べることと防災のことについて扱っていないという時に、ご相談することにしたのがえと菜園代表取締役、NPO農スクール代表の小島希世子さんでした。著書『ホームレス農園: 命をつなぐ「農」を作る! 若き女性起業家 …

詳細を読む

嶋田 洋平 / らいおん建築事務所 代表 / 北九州家守舎代表取締役 / 建築家

私たちは、自分の街のことをどのくらい知っているでしょう?家と駅とコンビニを結ぶ導線以外の道を通ったことはありますか?駅とは反対側の道を歩くとどんな景色が広がっているのか知っていますか?そして、災害が起きた時、またもう一度 …

詳細を読む

松下 弓月 / 僧侶

僧侶の松下弓月さんに寄稿いただきました。ユレッジで、防災と心のケアについて、という難しいお願いに辛抱強く取り組んでいただきました。防災における仏教の役割を、現実的な解として、提示いただけたと思います。 こんにちは。僧侶の …

詳細を読む

高橋 憲一 / Hack For Japan スタッフ / イトナブ理事

震災から3年余りを過ぎて、ITと防災の分野で、ここまで行われてきたことを振り返って俯瞰し、これからの取り組みの見通しが効くようにしたい、それがHack for Japanの高橋憲一さんへのお願いでした。テクノロジーの未来 …

詳細を読む

徳島 泰 / 青年海外協力隊(産業デザイン) / FabLab Bohol マネージャー / 比国貿易産業省 デザインディレクター

今回のテーマは「プロダクトデザイン×防災」ということで、フィリピンのボホール島で青年海外協力隊として活躍する徳島泰さんにスカイプでインタビューしました。国は違えど共通で浮かび上がる災害時の課題。防災において、プロダクトデ …

詳細を読む

鈴木 さち / 東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻博士課程後期1年 / RAW

東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻博士課程後期1年の鈴木さちさんにRAW(リスク&アーキテクチャー・ワークショップ) 石巻をレポートいただきました。イベント・レポートのみならず、そこに至るまでの経緯も含めて、丁寧に …

詳細を読む

北村 孝之 / NPO法人ボランティアインフォ 代表

災害ボランティアセンターをご存知でしょうか。ボランティア希望者とボランティア団体をつなぐ、NPO法人ボランティアインフォの北村 孝之さんにユレッジでインタビューしました。災害時、災害後、求められる中間支援がボランティアの …

詳細を読む

畠山 千春 / 暮らしかた冒険家

2011年3月11日の東日本大震災、その後の原発事故。誰しも、とは言いませんが、一瞬「今、住んでいる場所を離れる」ことを考えた人は多いのではないでしょうか。ユレッジでは糸島シェアハウスに住む、暮らしかた冒険家、畠山千春さ …

詳細を読む

野田 祐機 / 公益社団法人助けあいジャパン 代表理事

公益社団法人助けあいジャパン 代表理事の野田 祐機さんに寄稿いただきました。全国47都道府県から2,000人もの学生を東北へ連れて行く「きっかけバス」。復興や防災を自分ごとにするための助けあいジャパンのプロジェクトです。 …

詳細を読む

児玉 龍彦 / 東京大学アイソトープ総合センターセンター長 / 東京大学先端科学技術研究センター教授

東京大学アイソトープ総合センターセンター長 / 東京大学先端科学技術研究センター教授の児玉龍彦さんに、ユレッジでインタビューして来ました。近著、『放射能は取り除ける 本当に役立つ除染の科学』の内容を踏まえ、南相馬市を中心 …

詳細を読む

小泉瑛一 / 株式会社オンデザインパートナーズ / 一般社団法人ISHINOMAKI 2.0 理事

株式会社オンデザインパートナーズ、一般社団法人ISHINOMAKI 2.0理事の小泉瑛一さんは、震災直後から東日本大震災の被災地、宮城県石巻市に入り、ほぼ常駐に近い形で、現地の方々をはじめとした様々な方々と一緒になってま …

詳細を読む

鈴木 良介 / 株式会社野村総合研究所 ICT・メディア産業コンサルティング部所属

株式会社野村総合研究所ICT・メディア産業コンサルティング部の鈴木良介さんに寄稿いただきました。鈴木さんは『ビッグデータビジネスの時代 堅実にイノベーションを生み出すポスト・クラウドの戦略』のほか、ビッグデータに関する執 …

詳細を読む

三橋 ゆか里 / ライター・記者

ライターの三橋ゆか里さんは、日本のみならず、海外のWEBサービス、アプリ、スタートアップ事情にも精通しており、様々なメディアに執筆されています。ユレッジではテクノロジー企業やスタートアップが、災害時、また、防災に、どのよ …

詳細を読む

04_wada_thumb

2013年06月19日更新

「その時Webが出来ること」

和田 裕介 / 株式会社ワディット代表取締役 / 株式会社オモロキCTO

和田裕介さんは、人気サイト「ボケて」を初めとした、様々なWebサービスを手がけるエンジニアです。和田さんには震災を受けて、自身が開発したWebサービスを振り返りながら、自分自身の経験と、これからWebサービスが防災に果た …

詳細を読む

渡邊 享子 / 日本学術振興会特別研究員 / ISHINOMAKI2.0

渡邉享子さんは、研究者でありながら、東日本大震災以降、ISHINOMAKI2.0のメンバーとして、石巻に居住しながら実践的なまちづくりに取り組んでおられます。その石巻での活動を踏まえ、社会(コミュニティ)と環境のデザイン …

詳細を読む

松村 太郎 / ジャーナリスト、著者

ジャーナリストの松村 太郎さんは、現在、アメリカ西海岸を中心に活躍されています。ユレッジには今年3月、被災地を取材したことを下地に、震災の記録と記憶の情報化について、またそこにある「学び」についての示唆をいただきました。 …

詳細を読む

児玉 哲彦 / フリービット株式会社 戦略デザインセンター デザイナー

フリービット株式会社 戦略デザインセンター デザイナーの児玉 哲彦さんは、自社において、製品開発やブランド醸成、プロジェクトマネージメントなど様々な領域で、デザインをどう実際のアクション・プランに落とし込んでいくか、デザ …

詳細を読む

00_kato_thumb

2013年04月09日更新

「ユレッジとは?」

加藤 康祐 / 株式会社イーティー 代表取締役社長 / プランナー

ユレッジは、日本の「揺れやすさ」と地震防災を考えるサイトです。 ユレッジは: 揺れの「ナレッジ」(知)が集まるメディアであり、 揺れについて学ぶ「カレッジ」(学び)であり、 揺れと日々の暮らしの関わりを考える「ビレッジ」 …

詳細を読む

banner-book-01 title title-itdart j-shis
  • banner-book-01-thumb
  • thumb
  • icon_itdart
  • icon

防災に関わる私が『想像ラジオ』を無視できない3つの理由 あじー なぜいま、災害作品レビューを書くのか 東北地方太平洋沖地震の発生から5年が経ちました。私たちは震災を契機に地震や災害とどう向き合うべきなのか?いまだ確実な答 …

詳細を読む

アイデアの実現可能性、そして、ハッカソンという方法論によるそのアイデアの実現可能性、それらが地震防災にどう役立つのか。ユレッジではアイデアソンに続き行われた「Race for Resilience」のハッカソンを、スター …

詳細を読む

第3回:Blabo! × ユレッジ コラボ企画 世界一地震が起こる日本を、世界一被害が生まれない国にするための防災アイデアレビュー 【A】前回ご紹介したJ-SHIS Mapで断層情報が見れる件、関西在住のお友達に教えてあ …

詳細を読む

'