2013年06月19日

和田裕介さんは、人気サイト「ボケて」を初めとした、様々なWebサービスを手がけるエンジニアです。和田さんには震災を受けて、自身が開発したWebサービスを振り返りながら、自分自身の経験と、これからWebサービスが防災に果たすべき役割を見通していただきました。

3.11。その時、その後。インターネット上に展開するWorld Wide Web、いわゆる「Web」は強力な情報通達網としての役割を担いました。当然「負」の部分もあることも承知ですが、Webが災害に役に立つというある程度の事実が発見された瞬間と言えるでしょう。ただ、Webをどのように活用すればいいのか?は震災発生後当初、みんなが模索状態でした。筆者は被災者の身元を確認するWeb上のサービス「anpiレポート」を作成・運用した経験から、災害時に求められるWebの形、そしてWebの興味深いアーキテクチャを考察していきたいと思います。まずは、anpiレポートをつくるまでの経緯から紹介しましょう。

情報が無いという状況

震災発生時、私は当時の「オフィス」である鎌倉の実家でPCに向かって作業をしていました。揺れが起こった時に「これはタダゴトでは無い」と感じ廊下に飛び出ると、近くを走る湘南モノレールのレールが見た事の無い「たわみ」方をしていたのを非常に印象深く覚えています。落ち着いた頃、実家の隣に祖母の家があったので様子を見に行きました。ちょうど、叔母が遊びに来ている時だったので、祖母と叔母の二人がそこにはいました。「だいじょうぶだった?」話しかけるのですが、どうも二人は今の状況に納得がいっていない雰囲気がありました。聞くところによると「何が起こったのが分からない」らしいのです。つまり、情報が二人には無かった。

地震が起きた瞬間に鎌倉地区は一帯停電になり、作業をしていたPCはおろか、冷蔵庫からテレビまでもが使用不可能になりました。その時に私が頼りにしていたのが、iPhone端末でした。SoftBankの電波は生きていたので、TwitterやFacebookのフィードを見ると東北沖で巨大な地震が起きた事は明らかです。ところが、祖母と叔母の二人はそれすらも分からなかった。しばらくすると津波の様子の動画がソーシャルフィードに流れてきていたので、それをみんなで見たりしました。ようやく二人は納得した様子。ここで私が把握出来たのは災害時に情報が無いという状況は、少なくとも人を不安にさせるということでした。

Webエンジニアの出来ること

停電が復旧し、東京へ行っていた父親がようやく帰って来た翌日から。自分はもちろんピンピンしているし、身内の不幸も聞かない、けれども、やはり、普段の仕事が手に付きません。少し遠い日本の東北でまだまだ大変な状況があることが気になる。そこで、Webエンジニアの自分として何か出来ることは無いか?と模索を始めました。Webエンジニアにとって、この場合の手段はWebをつくって公開することです。まずつくったのは「picpray」というサイトです。

picpray

当時Twitterでハッシュタグ「#prayforjapan」をつけたツイートが大量に流れていました。そこには世界中から日本の被災者へ向けてのメッセージが写真付きで投稿されていました。その写真をダラダラと一覧で見る事が出来るサイトです。これほどまでに多くの人が日本のことを思ってくれているのか、と思うと圧巻でした。ただ、このWebが、今やれる全てのことか?と聞かれると満足出来ない節もあり、また、特に世の中のウケも良かったわけでもないので、モヤモヤとしていました。

anpiレポート

そんな最中、同じくTwitterからヒントが出てきました。Twitterを眺めていると「#anpi」というハッシュタグを付けて安否情報のやり取りをしていているツイートが大量に流れているのです。そこには身元を確認したい人、自分の消息情報を投稿していると様々でした。事実、Twitterの公式Blogでもその当時「#anpi」等のハッシュタグをそのような利用ケースとして使うように推奨していました。例えば以下のような具合です。

  • #jjhelpme: 救助要請
  • #hinan: 避難情報
  • #anpi: 安否確認

ただ疑問を持ったのが、この「#anpi」のタグがついたツイートはTwitter上の情報という性質上「流れ」やすく、検索がしにくく、再利用性が低いのではないかと思ったのです。そこで、考えたのは「#anpi」というハッシュタグのツイートをボランティアの方を含めて人力でまとめてレポート化するサービス「anpiレポート」です。

anpi_ss

仕組みは至って簡単です。レポートを作成したい人はTwitterログインを利用して、anpiレポートにログイン。「#anpi」ハッシュタグの付いたツイートのURL、そこに記載されている安否に関わる人の名前と場所が必須項目になっているので入力。すると表形式のレポートに追加される。いわば、特化したTwitterまとめサイトをみんなでつくるような具合です。Twitterログインのプログラムなど、今までつくってきたWebアプリのソースコードを流用し、素早く開発を進め、15日の朝に正式にリリースしました。

anpiレポートはまさに私が祖母と叔母を見て思ったクリティカルな「情報」を扱う今自分がやるべきサービスだと自覚しました。当時Google Person Finderと呼ばれるGoogleの提供する安否確認サービスが巨大なデータベースとなっていましたが、それでも取りこぼしを拾える立ち位置にいました。そこで、ある程度戦略的にanpiレポートを広めていく必要があります。

まずは、情報を集めることに注力しました。一見して価値のあるのはその仕組みではなく、そこにあるデータ量がモノを言います。公開前からもFacebookを通じて友達にテスト使用を手伝ってもらいましたが、公開後は本格的にFacebookグループを作成し、誰でもウェルカムな状況とし、色々な方々にレポート作成の協力を募りました。そして、ある程度レポートの量が溜まって来たところで多くの人に見てもらうようプレスリリースを打ちました。結果以下のようなニュースメディアに掲載されたり、Yahoo!の震災関連ページから大きなトラフィックをもらうことになります。

平行して、機能の追加も行います。そのうちの一つが「Web API」の提供です。

Web APIの可能性

anpiレポートに限らず、今回の震災関連、そして今のWebのおいて「Web API」は重要なキーワードです。若干テクニカルな話題なので、少し解説をしましょう。そもそもAPIとは「Application Programming Interface」の略で、とあるシステムやコンポーネントを外部から操作するための境目を定めた仕様のことです。と言うとなんのこっちゃって感じですが、例えば、車を運転する時にハンドルとアクセルとブレーキというものがあって、ハンドルは方向を指示するために左右に回す、アクセルは踏むと前に進んで、止まる時にはブレーキを踏むものだよ、と普段私たちが「車」に対してアクションを起こす「インターフェース」のようなものを指します。

Web APIとはWeb上のリソース、つまりそのサービスが持っている情報や仕掛けを操作するためにプログラミングで操作可能なAPIです。例えば、自分のサイト上にYouTubeで検索した動画の一覧をダイナミックに表示をしたければ「YouTube Data API」を使えばそれが実現可能です。YouTubeにある巨大な動画共有データをプログラミングで操作し、自サイトに取り込むことが出来るのです。

anpiレポートでも早い段階からWeb APIを提供していました。登録されたレポート情報を他のサイトでも利用してもらうためです。例えば、あるURLにアクセスするとプログラムから利用しやすい「JSON」もしくは「XML」というフォーマットでデータの取得が出来ます。

このWeb API提供のおかげで、3月15日のリリース当日にも関わらず、anpiレポートの携帯版がFacebookの友達の作成で完成していました。私自身、同じようなものをつくる事は可能でしたが、諸々の手間が省ける「助かる」展開となったのです。また、anpiレポートは後ほどGoogle Person Finderの特別APIを利用することが可能となったので、登録情報の「被り」等の確認などがスムーズにいくようになりました。

疎結合というアーキテクチャ

このようにWeb APIを活用してanpiレポート、及びその周辺が非常にうまく回っていました。一重にWeb APIがそもそも「疎結合」なアーキテクチャをとっているから成り立つのではないかと感じています。

上記で解説したWeb APIの仕組みによると、Webサービスとプログラムのやり取りだけ決めて、中身をどのように実現するかどうか?には関与しない、というのが正しいインターフェースのあり方です。ありとあらゆる変更がそれぞれに影響し合うような繫がり方が密結合だとすると、Web APIにおける「インターフェースさえ共通認識があればお互い影響し合わない」というのが疎結合と言えます。

anpiレポートの例で言えば「こんな形式でデータ出力するから自由に使ってね」とサイト上にドキュメントとして記載しておけば、あとはどのように利用してもらっても構わないというわけです。特に、震災時に有益な情報として捉えていただければ、あとはサーバーが耐えれれば、いくらでも活用してもらいたいという一心でした。

ところで、いわゆる営利目的の企業が公開しているAPIは制限が強かったり、その会社の戦略が見えてくるのですが、今回のボランタリーなケースや公共性の高い組織が持っている情報はどんどんとWeb APIで公開されると良いかと楽観的に思っています。地震関連では「J-SHIS 地震ハザードステーション」がWeb APIを公開しています。

地震予測などの情報も取得出来て面白く、その他サービスと組み合わせて新しいサービスを考えることも出来ると可能性を感じます。決して私たち個人では得る事の出来ない情報がそこにはあります。

その後

anpiレポートは1年間程度運用し、実際、役に立ったという声を20人弱の方からいただき、個人情報の観点からサービスを停止、ドメインをそのまま失効させました。まだ復興は続いているという現状を真摯に捉えつつも、anpiレポートにまつわる物語はシェアする意味があるかもとキーボードをタイプしてみた次第です。Webが災害時に役に立ったという事実を受け止めつつ、よりよいWebをつくりだして行きたいですね。

和田 裕介 / 株式会社ワディット代表取締役 / 株式会社オモロキCTO

1981年生まれ。大学院卒業後に父親とワディットを立ち上げ、株式会社オモロキではCTOとしてWebアプリケーション開発を担当する。小粒なWebサービスをいくつも開発してきた。代表作はWeb音楽プレイヤーの「君のラジオ」。また、オモロキでは、人気お笑いサイト「ボケて」のシステム開発を務めている。YAPC::Asia 2012では60ほどのトークセッション中、ベストトーク賞1位を獲得した。著書に『Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ』(技術評論社)がある。

関連記事

江口 晋太朗 / 編集者 / ジャーナリスト / NPO法人スタンバイ理事

今日、防災について考えるにあたって、欠かすことのできないものが「情報」です。編集者、ジャーナリストでNPO法人スタンバイ理事でもある江口晋太朗さんに、防災とジャーナリズムについて改めてお話をいただきたい、というのが今回の […]

詳細を読む

高橋 憲一 / Hack For Japan スタッフ / イトナブ理事

震災から3年余りを過ぎて、ITと防災の分野で、ここまで行われてきたことを振り返って俯瞰し、これからの取り組みの見通しが効くようにしたい、それがHack for Japanの高橋憲一さんへのお願いでした。テクノロジーの未来 […]

詳細を読む

児玉 龍彦 / 東京大学アイソトープ総合センターセンター長 / 東京大学先端科学技術研究センター教授

東京大学アイソトープ総合センターセンター長 / 東京大学先端科学技術研究センター教授の児玉龍彦さんに、ユレッジでインタビューして来ました。近著、『放射能は取り除ける 本当に役立つ除染の科学』の内容を踏まえ、南相馬市を中心 […]

詳細を読む

鈴木 良介 / 株式会社野村総合研究所 ICT・メディア産業コンサルティング部所属

株式会社野村総合研究所ICT・メディア産業コンサルティング部の鈴木良介さんに寄稿いただきました。鈴木さんは『ビッグデータビジネスの時代 堅実にイノベーションを生み出すポスト・クラウドの戦略』のほか、ビッグデータに関する執 […]

詳細を読む

三橋 ゆか里 / ライター・記者

ライターの三橋ゆか里さんは、日本のみならず、海外のWEBサービス、アプリ、スタートアップ事情にも精通しており、様々なメディアに執筆されています。ユレッジではテクノロジー企業やスタートアップが、災害時、また、防災に、どのよ […]

詳細を読む

松村 太郎 / ジャーナリスト、著者

ジャーナリストの松村 太郎さんは、現在、アメリカ西海岸を中心に活躍されています。ユレッジには今年3月、被災地を取材したことを下地に、震災の記録と記憶の情報化について、またそこにある「学び」についての示唆をいただきました。 […]

詳細を読む

児玉 哲彦 / フリービット株式会社 戦略デザインセンター デザイナー

フリービット株式会社 戦略デザインセンター デザイナーの児玉 哲彦さんは、自社において、製品開発やブランド醸成、プロジェクトマネージメントなど様々な領域で、デザインをどう実際のアクション・プランに落とし込んでいくか、デザ […]

詳細を読む

ユレッジからのお知らせお知らせ一覧へ

今、読まれている記事

丸山 宏 / 統計数理研究所副所長・教授

「レジリエンス」。自己回復力などとも訳されます。このことはこの1年のユレッジのサブテーマでもありました。1年以上前にこの言葉を最初に僕に教えてくださったのが、統計数理研究所副所長・教授の丸山宏さんでした。2015年3月1 […]

詳細を読む

長谷部 雅一(はせべまさかず) / Be-Nature School スタッフ / 有限会社ビーネイチャー取締役 / アウトドアプロデューサー / ネイチャーインタープリター

誰しもが一度は「アウトドアって防災に役立つのでは?」と考えたことあるのではないでしょうか。アウトドアプロデューサー、ネイチャーインタープリターの長谷部 雅一さんにうかがったお話は、アウトドアの経験が防災に役立つ、という話 […]

詳細を読む

渡部 慶太 / (特活)石巻復興支援ネットワーク 理事

「復興は進んでいますか?」そういう質問をたまに耳にすることがあります。石巻復興支援ネットワーク 理事の渡部 慶太さんに寄稿いただきました。2011年以前と以降で東日本大震災は社会起業と呼ばれていた世界にどう影響を及ぼした […]

詳細を読む

江口 晋太朗 / 編集者 / ジャーナリスト / NPO法人スタンバイ理事

今日、防災について考えるにあたって、欠かすことのできないものが「情報」です。編集者、ジャーナリストでNPO法人スタンバイ理事でもある江口晋太朗さんに、防災とジャーナリズムについて改めてお話をいただきたい、というのが今回の […]

詳細を読む

小島 希世子 / 株式会社えと菜園 代表取締役 / NPO農スクール 代表

ユレッジでまだ食べることと防災のことについて扱っていないという時に、ご相談することにしたのがえと菜園代表取締役、NPO農スクール代表の小島希世子さんでした。著書『ホームレス農園: 命をつなぐ「農」を作る! 若き女性起業家 […]

詳細を読む

嶋田 洋平 / らいおん建築事務所 代表 / 北九州家守舎代表取締役 / 建築家

私たちは、自分の街のことをどのくらい知っているでしょう?家と駅とコンビニを結ぶ導線以外の道を通ったことはありますか?駅とは反対側の道を歩くとどんな景色が広がっているのか知っていますか?そして、災害が起きた時、またもう一度 […]

詳細を読む

松下 弓月 / 僧侶

僧侶の松下弓月さんに寄稿いただきました。ユレッジで、防災と心のケアについて、という難しいお願いに辛抱強く取り組んでいただきました。防災における仏教の役割を、現実的な解として、提示いただけたと思います。 こんにちは。僧侶の […]

詳細を読む

高橋 憲一 / Hack For Japan スタッフ / イトナブ理事

震災から3年余りを過ぎて、ITと防災の分野で、ここまで行われてきたことを振り返って俯瞰し、これからの取り組みの見通しが効くようにしたい、それがHack for Japanの高橋憲一さんへのお願いでした。テクノロジーの未来 […]

詳細を読む

徳島 泰 / 青年海外協力隊(産業デザイン) / FabLab Bohol マネージャー / 比国貿易産業省 デザインディレクター

今回のテーマは「プロダクトデザイン×防災」ということで、フィリピンのボホール島で青年海外協力隊として活躍する徳島泰さんにスカイプでインタビューしました。国は違えど共通で浮かび上がる災害時の課題。防災において、プロダクトデ […]

詳細を読む

鈴木 さち / 東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻博士課程後期1年 / RAW

東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻博士課程後期1年の鈴木さちさんにRAW(リスク&アーキテクチャー・ワークショップ) 石巻をレポートいただきました。イベント・レポートのみならず、そこに至るまでの経緯も含めて、丁寧に […]

詳細を読む

北村 孝之 / NPO法人ボランティアインフォ 代表

災害ボランティアセンターをご存知でしょうか。ボランティア希望者とボランティア団体をつなぐ、NPO法人ボランティアインフォの北村 孝之さんにユレッジでインタビューしました。災害時、災害後、求められる中間支援がボランティアの […]

詳細を読む

畠山 千春 / 暮らしかた冒険家

2011年3月11日の東日本大震災、その後の原発事故。誰しも、とは言いませんが、一瞬「今、住んでいる場所を離れる」ことを考えた人は多いのではないでしょうか。ユレッジでは糸島シェアハウスに住む、暮らしかた冒険家、畠山千春さ […]

詳細を読む

野田 祐機 / 公益社団法人助けあいジャパン 代表理事

公益社団法人助けあいジャパン 代表理事の野田 祐機さんに寄稿いただきました。全国47都道府県から2,000人もの学生を東北へ連れて行く「きっかけバス」。復興や防災を自分ごとにするための助けあいジャパンのプロジェクトです。 […]

詳細を読む

児玉 龍彦 / 東京大学アイソトープ総合センターセンター長 / 東京大学先端科学技術研究センター教授

東京大学アイソトープ総合センターセンター長 / 東京大学先端科学技術研究センター教授の児玉龍彦さんに、ユレッジでインタビューして来ました。近著、『放射能は取り除ける 本当に役立つ除染の科学』の内容を踏まえ、南相馬市を中心 […]

詳細を読む

小泉瑛一 / 株式会社オンデザインパートナーズ / 一般社団法人ISHINOMAKI 2.0 理事

株式会社オンデザインパートナーズ、一般社団法人ISHINOMAKI 2.0理事の小泉瑛一さんは、震災直後から東日本大震災の被災地、宮城県石巻市に入り、ほぼ常駐に近い形で、現地の方々をはじめとした様々な方々と一緒になってま […]

詳細を読む

鈴木 良介 / 株式会社野村総合研究所 ICT・メディア産業コンサルティング部所属

株式会社野村総合研究所ICT・メディア産業コンサルティング部の鈴木良介さんに寄稿いただきました。鈴木さんは『ビッグデータビジネスの時代 堅実にイノベーションを生み出すポスト・クラウドの戦略』のほか、ビッグデータに関する執 […]

詳細を読む

三橋 ゆか里 / ライター・記者

ライターの三橋ゆか里さんは、日本のみならず、海外のWEBサービス、アプリ、スタートアップ事情にも精通しており、様々なメディアに執筆されています。ユレッジではテクノロジー企業やスタートアップが、災害時、また、防災に、どのよ […]

詳細を読む

2013年06月19日更新

「その時Webが出来ること」

和田 裕介 / 株式会社ワディット代表取締役 / 株式会社オモロキCTO

和田裕介さんは、人気サイト「ボケて」を初めとした、様々なWebサービスを手がけるエンジニアです。和田さんには震災を受けて、自身が開発したWebサービスを振り返りながら、自分自身の経験と、これからWebサービスが防災に果た […]

詳細を読む

渡邊 享子 / 日本学術振興会特別研究員 / ISHINOMAKI2.0

渡邉享子さんは、研究者でありながら、東日本大震災以降、ISHINOMAKI2.0のメンバーとして、石巻に居住しながら実践的なまちづくりに取り組んでおられます。その石巻での活動を踏まえ、社会(コミュニティ)と環境のデザイン […]

詳細を読む

松村 太郎 / ジャーナリスト、著者

ジャーナリストの松村 太郎さんは、現在、アメリカ西海岸を中心に活躍されています。ユレッジには今年3月、被災地を取材したことを下地に、震災の記録と記憶の情報化について、またそこにある「学び」についての示唆をいただきました。 […]

詳細を読む

児玉 哲彦 / フリービット株式会社 戦略デザインセンター デザイナー

フリービット株式会社 戦略デザインセンター デザイナーの児玉 哲彦さんは、自社において、製品開発やブランド醸成、プロジェクトマネージメントなど様々な領域で、デザインをどう実際のアクション・プランに落とし込んでいくか、デザ […]

詳細を読む

2013年04月09日更新

「ユレッジとは?」

加藤 康祐 / 株式会社イーティー 代表取締役社長 / プランナー

ユレッジは、日本の「揺れやすさ」と地震防災を考えるサイトです。 ユレッジは: 揺れの「ナレッジ」(知)が集まるメディアであり、 揺れについて学ぶ「カレッジ」(学び)であり、 揺れと日々の暮らしの関わりを考える「ビレッジ」 […]

詳細を読む

防災に関わる私が『想像ラジオ』を無視できない3つの理由 あじー なぜいま、災害作品レビューを書くのか 東北地方太平洋沖地震の発生から5年が経ちました。私たちは震災を契機に地震や災害とどう向き合うべきなのか?いまだ確実な答 […]

詳細を読む

アイデアの実現可能性、そして、ハッカソンという方法論によるそのアイデアの実現可能性、それらが地震防災にどう役立つのか。ユレッジではアイデアソンに続き行われた「Race for Resilience」のハッカソンを、スター […]

詳細を読む

第3回:Blabo! × ユレッジ コラボ企画 世界一地震が起こる日本を、世界一被害が生まれない国にするための防災アイデアレビュー 【A】前回ご紹介したJ-SHIS Mapで断層情報が見れる件、関西在住のお友達に教えてあ […]

詳細を読む

'