2014年10月28日

私たちは、自分の街のことをどのくらい知っているでしょう?家と駅とコンビニを結ぶ導線以外の道を通ったことはありますか?駅とは反対側の道を歩くとどんな景色が広がっているのか知っていますか?そして、災害が起きた時、またもう一度ここでやり直したいと思いますか?

取材:葛原 信太郎

今回、話を聞いたのは、豊島区雑司が谷にある『らいおん建築事務所』代表であり、一級建築士の嶋田洋平さん。建築物の『リノベーション』を専門としますが、その先にはリノベーションを通じた「地域の雇用創出と仕組みのデザイン」を志向し、全国で様々なプロジェクトをしかけています。そこには、防災のヒントがたくさんありました。

いま日本の社会や経済が、縮退する局面にあると言われています。
私たちの仕事、生活、まちのあらゆるところにもその影響は表れています。
「より多く、より大きく」という20世紀的な成長志向では
解決できない問題や行きづまりも少なくありません。

このような社会において建物について考えたとき、
「建てない」という選択肢は、実は大きな意味を持っています。
既存の建物を活かし、「使い方」や「使う人」を変えるだけで
もっと人々の暮らしを楽しくすることや、まちを元気にすることもできます。
らいおん建築事務所 ホームページより引用

15_01

嶋田「僕が住む雑司が谷は、木造住宅密集地域です。震災が起きた時のことを考えて、不燃化して建て替えをしようと言われてきていますが、ハードな対応には限界があると思います。住民の意識低ければ、どんなにハードを整備しても無駄だと思うのです。
どうしてそう思うかというと、現在、廃校になってしまった小学校を解体して、防災公園にしようという計画があります。市民が参加できるワークショップも開催されているんですが、それがひどかった。お客様市民ばかりなんです。公園になったら、誰が枯れ葉を掃除するんだとか、夜に若い人が騒ぐのは嫌だとか。公園に面したところに住む人は、よい住環境を享受できるはずだと思うのですが。」

豊島区は東京23区内で唯一の「消滅可能性都市」とされています。2040年までに20~39歳の若年女性が半減し、行政機能の維持が難しくなるとみられる自治体です。全国で896の自治体が消滅可能性都市としてリストアップされていますが、大都市である池袋を抱える豊島区が該当するということで、大きなニュースとなりました。

災害時に、防災を担うのは若者

嶋田「不満を口にするのは往々にして古くから住んでいる方々です。なぜ、子どもたちや若い人、新しく入ってくる人たちの暮らしを考えないのか。災害時に、高齢者を助けてくれるのはまちがいなく若い人たちです。僕の事務所の隣には、高齢のご婦人が住んでいるんですが、倒れて救急車で運ばれたり、ボヤ騒ぎを起こしたことがありました。僕らが、救急対応や初期消火をしたんですが、何か災害が起きた時に、若い人たちがまちに住んで働いているというのは、防災のソフト対応としては最高だと思うんです。」

嶋田さんが手がけるプロジェクトの一つに『リノベーションスクール』というものがあります。2011年8月から半年に1度のペースで北九州市で開催されている不動産オーナーのための講座です。不動産の再生を通じて街での新しいビジネスを生み出しエリアを再生する実践の場として注目されており、嶋田さんの活躍により豊島区でも行政とともに開催することが決まっています。

北九州市では、シャッター街だった商店街の空きスペースに若い人たちが拠点をつくり、都市型のビジネス、サービスを提供しています。するとこれまでにない新しい雇用が生まれ、リノベーションスクールを通じて、この3年で300人ほどの雇用を生んでいるそうです。

嶋田「一昨年、北九州の小倉の街なかで火災が起きました。すでに若い人たちの拠点が街なかにあったので、瓦礫の撤去を早急に手伝ってくれたり、たくさんの寄付金が集まったりしました。新聞や全国版のテレビにも紹介されたんですよ。実際に災害における若者の効果や必要性を実感する出来事でした。」

15_02

街に住み続ける意思があるか

嶋田「近頃の街づくりには、都市コンサルが入って、計画をたてワークショップを開催してというプロセスがふまれますが、彼らにどのくらい最後に街を守る気持ちがあると思います?結局、都市コンサルの中にリスクを取ってまで、自分がこの街を守っていかなくてはいけないという覚悟を持つ人はいないと思います。
僕にとって、雑司が谷は自分のまちです。だから、ここのまちに本気でコミットしています。ここは都心の縮退エリアです。鬼子母神商店街なんて、山手線の中にあるのにシャッター商店街だと思うし、周辺住宅地には空き家も多い。そして、残念ながら池袋周辺の賃貸住宅の傾向として、ワンルームは多いけど、ファミリー住み続けられるための物件の数が極端に少ないんですよ。区外に家族が流出していけば、人口は増えません。だから、将来的に行政の経営がもたない。それが消滅可能性都市、自治体の消滅の危機ってことなんです。

木造住宅密集地域は確かにハードは弱いかもしれません。でも、若い人たちが住んで働いていれば初期消火を行えるかもしれないし、高齢者を助け、共助により、建築は燃えても人が残ればいいわけです。災害が起きて、一度街がだめになっても、またそこに住みたいという人がいれば、戻って来て絶対に復興します。
東北の被災地で、元々住んでいた場所に新しく住宅地が作られても、帰ってくるのはわずかという事例を聞いた事があります。震災以前から人口減や高齢化の進んだエリアで、進まない復興事業に『ここに住み続けたい』という思いが途切れてしまったのかもしれません。何があってもここでやり直そうという意思が弱い東北の縮退していた地域に、たまたま地震と津波が来てしまったんだと思います。」

ここまで話を聞き、街に本気でコミットするという意思、『自分の街』と思える根拠をどのくらいの人が持っているんだろうと疑問に思いました。おそらく、都会に住む多くの人にとって、家と職場の往復の中で『自分の街』という感覚はすっぽりと抜け落ちているように思うのです。

住む場所と働く場所を一致させ、コンパクトに暮らす

嶋田「住む街と働く街が別だと、それぞれ1日の半分ずつしかいない。そんな生活では、自分の街という感覚は生まれないと思います。だから東京の都心に住んで働いて暮らすという新しい価値をつくれないかと思っています。郊外の住宅地に住んで、都心のオフィス街に満員の通勤電車で通うのとは違う新しい価値観です。住宅地と業務エリアを分けないで、コンパクトに街なかで暮らす。人口減少してく社会では、インフラを遠くまで整備することもできなくなっていきます。みんなが働きながら住むというのは、縮退局面の都市マネジメント上有効だし、防災上の観点からも重要だと思います。」

今回お話を伺った場所は、雑司が谷にある『あぶくり』というカフェ。このカフェを営むのは、嶋田さんの奥さんである嶋田玲子さんです。震災を体験し『何かあったときに歩いて帰れる場所に働く場所を作りたい』という思いから始めたそう。自営業や小商いと言われるような、自分の身近なところから発生するビジネスは、コンパクトに住むために重要な要素ですね。

あぶくりは、サンドウィッチがとてもおいしいカフェ。店内ではイベントが開催されている他、雑貨なども販売されている。

あぶくりは、サンドウィッチがとてもおいしいカフェ。店内ではイベントが開催されている他、雑貨なども販売されている。

嶋田「これからの社会は、女性も子育てしながら無理なく働けるようにならないといけないと思っています。今は、子育てしながらフルタイムで全力で働くか、専業主婦になって、パートタイムで少し働くかという二つの選択肢が中心ですよね。でも、もっと緩く働ける場所があってもいいんじゃないかと思っています。らいおん建築事務所では、週末土曜日だけ事務をお願いしている近所のお母さんがいるんです。土曜日だけ子どもをお父さんに預けて、働きたい時間に働く。こういった子育てをしながら働ける環境を作っていくことも大事だと思います。」

改めて考えてみると、オフィス街も、住宅街も、目的がはっきりとしすぎていて違和感を覚えます。人の集合体が街であるなら、本来はもっと多様なはずです。逆から考えると、オフィス街は仕事をする人だけが集まり、住宅街は住むだけの人が集まっているから、目的が一つにまとまるとも言えます。
目的がひとつであるということは、その目的がなくなれば、その街は必要ありません。優しいところに惚れた恋人の優しくない面を見て愛が冷めてしまうように。そんな街に愛着がもてるわけがない。
住む街と働く街をイコールにするには、多様性が必要なのです。老人と若者がいて、子どもも家族もいる。独り身もいれば、学生もいて、様々なニーズがあり、多様な雇用が生まれる。そんな自分の街だからこそ、たとえ災害が起きたとしても『ここでまたやり直そう』と思えるのです。

さて、あなたに「自分の街」という感覚はありますか?それを育てていきませんか?あなたは自分の街を好きですか?そこに愛はありますか?

嶋田 洋平 / らいおん建築事務所 代表 / 北九州家守舎代表取締役 / 建築家

らいおん建築事務所代表取締役、北九州家守舎代表取締役、建築家/1976年北九州市生まれ。東京理科大学大学院博士前期課程建築学専攻修了。みかんぐみを経て2010年らいおん建築事務所設立。建物半分、できごと半分をテーマに様々な活動を展開。北九州市小倉の魚町商店街や東京・豊島区雑司が谷などで、遊休不動産の再生を通じたまちづくりに取り組む。近作に岩手県紫波町『オガールベース』がある。

関連記事

江口 晋太朗 / 編集者 / ジャーナリスト / NPO法人スタンバイ理事

今日、防災について考えるにあたって、欠かすことのできないものが「情報」です。編集者、ジャーナリストでNPO法人スタンバイ理事でもある江口晋太朗さんに、防災とジャーナリズムについて改めてお話をいただきたい、というのが今回の […]

詳細を読む

鈴木 さち / 東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻博士課程後期1年 / RAW

東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻博士課程後期1年の鈴木さちさんにRAW(リスク&アーキテクチャー・ワークショップ) 石巻をレポートいただきました。イベント・レポートのみならず、そこに至るまでの経緯も含めて、丁寧に […]

詳細を読む

北村 孝之 / NPO法人ボランティアインフォ 代表

災害ボランティアセンターをご存知でしょうか。ボランティア希望者とボランティア団体をつなぐ、NPO法人ボランティアインフォの北村 孝之さんにユレッジでインタビューしました。災害時、災害後、求められる中間支援がボランティアの […]

詳細を読む

畠山 千春 / 暮らしかた冒険家

2011年3月11日の東日本大震災、その後の原発事故。誰しも、とは言いませんが、一瞬「今、住んでいる場所を離れる」ことを考えた人は多いのではないでしょうか。ユレッジでは糸島シェアハウスに住む、暮らしかた冒険家、畠山千春さ […]

詳細を読む

小泉瑛一 / 株式会社オンデザインパートナーズ / 一般社団法人ISHINOMAKI 2.0 理事

株式会社オンデザインパートナーズ、一般社団法人ISHINOMAKI 2.0理事の小泉瑛一さんは、震災直後から東日本大震災の被災地、宮城県石巻市に入り、ほぼ常駐に近い形で、現地の方々をはじめとした様々な方々と一緒になってま […]

詳細を読む

鈴木 良介 / 株式会社野村総合研究所 ICT・メディア産業コンサルティング部所属

株式会社野村総合研究所ICT・メディア産業コンサルティング部の鈴木良介さんに寄稿いただきました。鈴木さんは『ビッグデータビジネスの時代 堅実にイノベーションを生み出すポスト・クラウドの戦略』のほか、ビッグデータに関する執 […]

詳細を読む

渡邊 享子 / 日本学術振興会特別研究員 / ISHINOMAKI2.0

渡邉享子さんは、研究者でありながら、東日本大震災以降、ISHINOMAKI2.0のメンバーとして、石巻に居住しながら実践的なまちづくりに取り組んでおられます。その石巻での活動を踏まえ、社会(コミュニティ)と環境のデザイン […]

詳細を読む

ユレッジからのお知らせお知らせ一覧へ

丸山 宏 / 統計数理研究所副所長・教授

「レジリエンス」。自己回復力などとも訳されます。このことはこの1年のユレッジのサブテーマでもありました。1年以上前にこの言葉を最初に僕に教えてくださったのが、統計数理研究所副所長・教授の丸山宏さんでした。2015年3月1 […]

詳細を読む

長谷部 雅一(はせべまさかず) / Be-Nature School スタッフ / 有限会社ビーネイチャー取締役 / アウトドアプロデューサー / ネイチャーインタープリター

誰しもが一度は「アウトドアって防災に役立つのでは?」と考えたことあるのではないでしょうか。アウトドアプロデューサー、ネイチャーインタープリターの長谷部 雅一さんにうかがったお話は、アウトドアの経験が防災に役立つ、という話 […]

詳細を読む

渡部 慶太 / (特活)石巻復興支援ネットワーク 理事

「復興は進んでいますか?」そういう質問をたまに耳にすることがあります。石巻復興支援ネットワーク 理事の渡部 慶太さんに寄稿いただきました。2011年以前と以降で東日本大震災は社会起業と呼ばれていた世界にどう影響を及ぼした […]

詳細を読む

江口 晋太朗 / 編集者 / ジャーナリスト / NPO法人スタンバイ理事

今日、防災について考えるにあたって、欠かすことのできないものが「情報」です。編集者、ジャーナリストでNPO法人スタンバイ理事でもある江口晋太朗さんに、防災とジャーナリズムについて改めてお話をいただきたい、というのが今回の […]

詳細を読む

小島 希世子 / 株式会社えと菜園 代表取締役 / NPO農スクール 代表

ユレッジでまだ食べることと防災のことについて扱っていないという時に、ご相談することにしたのがえと菜園代表取締役、NPO農スクール代表の小島希世子さんでした。著書『ホームレス農園: 命をつなぐ「農」を作る! 若き女性起業家 […]

詳細を読む

嶋田 洋平 / らいおん建築事務所 代表 / 北九州家守舎代表取締役 / 建築家

私たちは、自分の街のことをどのくらい知っているでしょう?家と駅とコンビニを結ぶ導線以外の道を通ったことはありますか?駅とは反対側の道を歩くとどんな景色が広がっているのか知っていますか?そして、災害が起きた時、またもう一度 […]

詳細を読む

松下 弓月 / 僧侶

僧侶の松下弓月さんに寄稿いただきました。ユレッジで、防災と心のケアについて、という難しいお願いに辛抱強く取り組んでいただきました。防災における仏教の役割を、現実的な解として、提示いただけたと思います。 こんにちは。僧侶の […]

詳細を読む

高橋 憲一 / Hack For Japan スタッフ / イトナブ理事

震災から3年余りを過ぎて、ITと防災の分野で、ここまで行われてきたことを振り返って俯瞰し、これからの取り組みの見通しが効くようにしたい、それがHack for Japanの高橋憲一さんへのお願いでした。テクノロジーの未来 […]

詳細を読む

徳島 泰 / 青年海外協力隊(産業デザイン) / FabLab Bohol マネージャー / 比国貿易産業省 デザインディレクター

今回のテーマは「プロダクトデザイン×防災」ということで、フィリピンのボホール島で青年海外協力隊として活躍する徳島泰さんにスカイプでインタビューしました。国は違えど共通で浮かび上がる災害時の課題。防災において、プロダクトデ […]

詳細を読む

鈴木 さち / 東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻博士課程後期1年 / RAW

東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻博士課程後期1年の鈴木さちさんにRAW(リスク&アーキテクチャー・ワークショップ) 石巻をレポートいただきました。イベント・レポートのみならず、そこに至るまでの経緯も含めて、丁寧に […]

詳細を読む

北村 孝之 / NPO法人ボランティアインフォ 代表

災害ボランティアセンターをご存知でしょうか。ボランティア希望者とボランティア団体をつなぐ、NPO法人ボランティアインフォの北村 孝之さんにユレッジでインタビューしました。災害時、災害後、求められる中間支援がボランティアの […]

詳細を読む

畠山 千春 / 暮らしかた冒険家

2011年3月11日の東日本大震災、その後の原発事故。誰しも、とは言いませんが、一瞬「今、住んでいる場所を離れる」ことを考えた人は多いのではないでしょうか。ユレッジでは糸島シェアハウスに住む、暮らしかた冒険家、畠山千春さ […]

詳細を読む

野田 祐機 / 公益社団法人助けあいジャパン 代表理事

公益社団法人助けあいジャパン 代表理事の野田 祐機さんに寄稿いただきました。全国47都道府県から2,000人もの学生を東北へ連れて行く「きっかけバス」。復興や防災を自分ごとにするための助けあいジャパンのプロジェクトです。 […]

詳細を読む

児玉 龍彦 / 東京大学アイソトープ総合センターセンター長 / 東京大学先端科学技術研究センター教授

東京大学アイソトープ総合センターセンター長 / 東京大学先端科学技術研究センター教授の児玉龍彦さんに、ユレッジでインタビューして来ました。近著、『放射能は取り除ける 本当に役立つ除染の科学』の内容を踏まえ、南相馬市を中心 […]

詳細を読む

小泉瑛一 / 株式会社オンデザインパートナーズ / 一般社団法人ISHINOMAKI 2.0 理事

株式会社オンデザインパートナーズ、一般社団法人ISHINOMAKI 2.0理事の小泉瑛一さんは、震災直後から東日本大震災の被災地、宮城県石巻市に入り、ほぼ常駐に近い形で、現地の方々をはじめとした様々な方々と一緒になってま […]

詳細を読む

鈴木 良介 / 株式会社野村総合研究所 ICT・メディア産業コンサルティング部所属

株式会社野村総合研究所ICT・メディア産業コンサルティング部の鈴木良介さんに寄稿いただきました。鈴木さんは『ビッグデータビジネスの時代 堅実にイノベーションを生み出すポスト・クラウドの戦略』のほか、ビッグデータに関する執 […]

詳細を読む

三橋 ゆか里 / ライター・記者

ライターの三橋ゆか里さんは、日本のみならず、海外のWEBサービス、アプリ、スタートアップ事情にも精通しており、様々なメディアに執筆されています。ユレッジではテクノロジー企業やスタートアップが、災害時、また、防災に、どのよ […]

詳細を読む

2013年06月19日更新

「その時Webが出来ること」

和田 裕介 / 株式会社ワディット代表取締役 / 株式会社オモロキCTO

和田裕介さんは、人気サイト「ボケて」を初めとした、様々なWebサービスを手がけるエンジニアです。和田さんには震災を受けて、自身が開発したWebサービスを振り返りながら、自分自身の経験と、これからWebサービスが防災に果た […]

詳細を読む

渡邊 享子 / 日本学術振興会特別研究員 / ISHINOMAKI2.0

渡邉享子さんは、研究者でありながら、東日本大震災以降、ISHINOMAKI2.0のメンバーとして、石巻に居住しながら実践的なまちづくりに取り組んでおられます。その石巻での活動を踏まえ、社会(コミュニティ)と環境のデザイン […]

詳細を読む

松村 太郎 / ジャーナリスト、著者

ジャーナリストの松村 太郎さんは、現在、アメリカ西海岸を中心に活躍されています。ユレッジには今年3月、被災地を取材したことを下地に、震災の記録と記憶の情報化について、またそこにある「学び」についての示唆をいただきました。 […]

詳細を読む

児玉 哲彦 / フリービット株式会社 戦略デザインセンター デザイナー

フリービット株式会社 戦略デザインセンター デザイナーの児玉 哲彦さんは、自社において、製品開発やブランド醸成、プロジェクトマネージメントなど様々な領域で、デザインをどう実際のアクション・プランに落とし込んでいくか、デザ […]

詳細を読む

2013年04月09日更新

「ユレッジとは?」

加藤 康祐 / 株式会社イーティー 代表取締役社長 / プランナー

ユレッジは、日本の「揺れやすさ」と地震防災を考えるサイトです。 ユレッジは: 揺れの「ナレッジ」(知)が集まるメディアであり、 揺れについて学ぶ「カレッジ」(学び)であり、 揺れと日々の暮らしの関わりを考える「ビレッジ」 […]

詳細を読む

防災に関わる私が『想像ラジオ』を無視できない3つの理由 あじー なぜいま、災害作品レビューを書くのか 東北地方太平洋沖地震の発生から5年が経ちました。私たちは震災を契機に地震や災害とどう向き合うべきなのか?いまだ確実な答 […]

詳細を読む

アイデアの実現可能性、そして、ハッカソンという方法論によるそのアイデアの実現可能性、それらが地震防災にどう役立つのか。ユレッジではアイデアソンに続き行われた「Race for Resilience」のハッカソンを、スター […]

詳細を読む

第3回:Blabo! × ユレッジ コラボ企画 世界一地震が起こる日本を、世界一被害が生まれない国にするための防災アイデアレビュー 【A】前回ご紹介したJ-SHIS Mapで断層情報が見れる件、関西在住のお友達に教えてあ […]

詳細を読む

'