2014年06月04日

震災から3年余りを過ぎて、ITと防災の分野で、ここまで行われてきたことを振り返って俯瞰し、これからの取り組みの見通しが効くようにしたい、それがHack for Japanの高橋憲一さんへのお願いでした。テクノロジーの未来への新しい携わり方が、Hack for Japanの活動にはあると思います。ここまでとここからを考えるにあたって、大変重要な原稿をいただきました。

コードでつなぐ。想いと想い

「コードでつなぐ。想いと想い」これがHack For Japanのキャッチコピーです。ここでいうコードとはもちろんITエンジニアが言うところのプログラムコードのことなのですが、『開発者の「何かしたい想い」と被災地の方の「切実な想い」をつなぐ場を訴求する』ということを表しています。さらに、開発者同士や開発者とデザイナーの想い、被災地の方同士の想い、被災地から遠い場所に住む方の想い、ITとは無関係でも何かしたいと願っている人の想いなど、さまざまな状況にいる方の想いをコードでつないでいくという主旨です。

Hack For Japanのはじまり

Hack For Japan は2011年3月11日の東日本大震災発生から間もない3月19, 20, 21日に開催されたハッカソンから始まりました。

2011年3月11日、私は当時の勤務先のオフィスがある新宿にいたのですが、結局その日は電車が動かず会社に泊まりました。私は仙台に以前10年程住んでいた時期があるのですが、且つて自分が住んでいた場所の被害が尋常ではないことを知るにつけ段々と気が気でなくなり、仙台にある妻の実家ともすぐには連絡が取れない状況でした。そしてその頃、Google からは Person Finder が迅速にリリースされ、現在は石巻在住で、私が仙台に住んでいた頃にお世話になった方の無事を知ることが出来ました。また、妻の実家の無事も twitter でマンション名を検索していたところ、直接連絡がつくよりも前に建物の無事は確認できたということもありました。このような体験もあって「ITの力で役立てることがあるのではないか」と考えるようになっていきました。(ただし、これらのことは後から思い知らされることになるのですが、あくまで現地の状況を外から知るのに役立ったと言う話であって、電源確保もままならなかった場所ではITどころではなかったというのも事実だと思います。)

その頃、Google の及川さんの「一気に短期間でモノを創り上げ てしまう開発者合宿として定着しつつあるハッカソンを今こそ開催すべきである」という声がけで会社の枠を越えて人が集結し始め、3月19, 20, 21日のハッカソン開催に向けて正にギリギリのところでの準備が進められていました。私はtwitterでそのことを知り、これなら自分達も何か出来るのではないかと思い、当時開発に携わっていたセカイカメラというAR(拡張現実)アプリケーションのAPI提供を申し出たことをきっかけに関わることになり、今に至ります。

多くの方が持っていたであろう「何か出来ないだろうか」という想い、それが Hack For Japan の原点です。

ハッカソン

ご存知の方も多いと思うのですが念のために説明させて頂くと、これは Hack と Marathon を合成した造語です。通常、同じテーマに興味を持ったデベロッパーが集まり、互いに協力してコーディングを行うイベントをこう呼んでいます。ただし、Hack For Japan でのアイデアソン、ハッカソンは必ずしもエンジニアに限らず、デザイナー、ボランティア活動をされている方など、復興支援にアイデアをお持ちの方、何かできないかと考えている皆さんに広く参加していただけるようにしていました。

“Hack”という言葉を使う葛藤

Hack(ハック)という言葉を使うことにはいろいろと議論がありました。「ハッカー=悪いことをする人」 というイメージが一般的にあることは確かです。しかし、あえて Hack という言葉を使い続けることでそういう悪いイメージを払拭したい、そんな思いがあります。ある新聞の記事では「善玉ハッカー」という表現を使っていただきました。新聞という多くの皆さんの目にとまる場所でそのように取り上げていただいたことで、ハッカーは悪い人のことではないということを少しは訴求することができたのではないかと思っています。

このようにして2011年は何度もアイデアソンとハッカソンを開催し、4月の会津若松、新幹線も仙台まで復旧した後の5月には仙台、会津若松、東京、そして3回目となる7月には岩手の遠野も加わり、エンジニアだけでなくボランティアに関わっている方や、アイデアを持っている様々な皆さんに参加して頂きました。さらに遠く離れた西日本でも会場を自分たちで調達してまでして何かをしようという多くの人に参加して頂きました。

「ITx災害」会議

今までの活動の中には、成果を出せたものもあれば、掛け声だけに終わったものや、あまり効果的ではなかったものなどもあります。また、私たちHack For Japanの活動はITを活用した復旧・復興支援の中でも「開発」に重きを置いたものですが、私たち以外にも多くのITを用いた復旧・復興支援を行っている団体やコミュニティ、そして個人がいます。

思いを同じとする人々が集まり、今までの活動を振り返るとともに、今後の活動を検討し、協力関係の可能性を検討するためにと企画されたのが、2013年10月6日に開催された「ITx災害」会議です。

Hack For Japanでは2012年に、復興支援などに対してITの力を活かして貢献したいという思いを持つ方と支援を必要としている方とを繋ぐための取り組みである、スキルマッチングを開始しました(http://blog.hack4.jp/2012/12/blog-post.html)。しかし、今に至るまであまり活用されていません。Hack For Japanの活動に賛同していただいている人は多いものの、やはり開発者が参加者の多数を占めるHack For Japanのコミュニティだけでは協力関係構築が難しかったのではないかと考えられます。この課題はスタッフの中では認識されており、コミュニティの拡大やほか団体との連携などが以前から検討されていました。

そのような中、Hack For Japanに当初から参加いただいている方から、今までの活動を振り返り、ITによる復興支援のあり方を考える必要があるのではないかという声もあがってきました。

これらがきっかけになり、「ITによる復興支援のあり方会議」(当初、「ITx災害」はこう呼ばれていました)の準備会が発足しました。2013年6月末に行われた最初の準備会では、30名近くの方が集まり、震災以降の取り組みなどが共有されました。お互いにそれぞれの存在は知ってはいたものの、直接話すのは初めてという参加者も多く、「つながる」という意義を再確認し、本会議への期待がさらに高まりました。

その後の準備会で、将来に起きうる災害に対しての防災や減災も話し合うことから、会議名を「ITx災害」会議(「x」は「かける」と読みます)とすることに決定しました。また、参加者全員に積極的に参加してもらうため、アンカンファレンスという形式をとることとしました。参加者の皆さんには付箋紙に自分が考えているトピックを書いてそれをホワイトボードにどんどん貼付けて頂き、それらのトピックを14に絞り込み、AからEの5つのトラックに分かれて次のようなディスカッションが行われました。

photo01

A トラック – 環境というキーワードを軸に、被災者自身による情報、ツールに関する議論

1. 被災者自身による情報発信

マスメディアは命を救うことはできないという話が出ました。そのためマスメディアのようなトップダウンではなく、ボトムアップによる市民メディアが必要で、その例としてローカル発信のメディアとして、ツイッターで発信している人たちを集めて発信していくという、実際に震災時に役立った女川災害FMの事例が挙がりました。その反面、個人が発信する情報の信頼性も大切で、女川災害FMにおいても信頼性に対するリテラシーを高めていくことにチャレンジしていました。また女川災害FMからの情報を東北放送が放送するといったこともあり、情報発信のプラットフォームについての議論もありました。

2. ツールをどうするか

災害時に人の命を救うようなアプリケーションはどのようなものがあるかを考えました。状況によって、ネットに繋がっている場合と、繋がらない場合の二つの前提があります。繋がっている場合でも、災害用サービスを使える状況になっているのは2割というデータがあります。緊急地震速報を受信したら自動的に立ち上がるアプリ等が最初から組み込んでおくことが必要とされるのではないかと思われます。繋がっていない場合は被災地でのネットワークを何とか構築出来ないかという話になり、携帯をトランシーバーのように使えるような、WiFiのアドホック通信等の話が出ました。長い距離での通信が出来るようにして避難所間で支援の情報などが共有出来ると良いのではないかと思います。

3. プロジェクト継続

お金の問題、人の問題、体制の問題の3つの軸で議論しました。

お金については、災害と言っても普通のビジネスと同じような問題があります。ボランティアでエンジニアはいても企画や営業の人があまりいなかったのではないでしょうか。そう言う人にお金を回す仕組みを考えてもらえると良いのではないかという話がありました。

人については、気持ち、情熱、やりがいがどこまで続くかという問題が出てきます。ボランティアでやって頂いていたことに対してお金を払うようにした後、そのお金の範囲でしか成果が出てこなくなったという事例もありまして、ビジネスとボランティアという相反する中でどう自分の立ち位置を決めるか難しいのではないかと思います。体制については、プロジェクト立ち上げ時に合意形成をしないといけないということが挙げられます。

B トラック – 連携というキーワードを軸に、地図情報、プライバシー、団体間連携に関する議論

1. 地図・地理情報

地図をどう使ったかの振り返りを行いました。災害時の地図は必ずしも使い易いものではなく、地図と何をひもづけるか、物資をどこに送るかなどに活用出来るよう、例えば自転車に何かセンサーを付けることで地図作りが出来るのではないかというアイデアが出ました。

2. プライバシー

アーカイブとしていろいろ残っているものの中に忘れる権利、忘れて欲しいというものもあるのではないかという議論がありました。「プライバシー」という言葉が片仮名であるように、日本ではそもそも対応する概念がないのではないでしょうか。例えばツイッターのアーカイブを削除する権利もあるのではないかと思います。客観的なプライバシーと主観的なプライバシーの違いもあり、不安を持たずに個人情報を登録する環境はないかという話になり、個人情報保護法など法整備の問題があるが民間主導型でやれると良いのではという話も出ました。

3. 団体間連携

「連携した方がいいよね」と言っているだけではなく、想いがあって動ける人が集まる今日のような場を継続してやっていくことが大切です。顔を突き合わせた関係はオンラインより強いので、ネットだけでなくリアルでの飲み会などをやっていきたいということになりました。

Cトラック – 行政と民間の連携、オープンデータ、記録・アーカイブに関する議論

1. 行政と民間連携

緊急時、復興時の話がありますが今回主に話したのは緊急時のことで、行政の方で根本的な思想が無いので統一した動きが取れていないのではないかという話がありました。民間の方でもバラバラ、民間の方でもまとまるべきで、最終的には人間関係が大切です。

2. 行政と民間連携

オープンデータと言ってしまうと余計な調整が入ってしまう恐れがあります。災害時公開情報というような言い方にして災害時公開協定というようなもの、具体的な事例とセットで設けておくと良いのではないかという話が出ました。また、行政との間で共同でアイデアソンを行って、お互いの合意を取っていくことが出来ると良いのではないでしょうか。

3. 記録アーカイブ

基本的に残すことは良しという方針で議論しました。如何にしてアーカイブしたものを見易くするかということになります。アーカイブの可能性として個人が撮ったものも残していけないかと思っているのですが、個人の写真や顔が入ってしまったものをどう扱うかというスクリーニングが課題となります。また、ライセンスの問題もあります。例として気仙沼のリアスアーク美術館ではスクリーニングがされており、個人の撮影のものが展示されていて参考になります。

Dトラック – 人材について、ITリテラシーが高くない人への対応に関する議論

1. IT弱者

主に高齢のIT機器を使えない人にどうやって情報を届けるかということを議論しました。通話とメールしか出来ない人にどうやって届けるか、若者と高齢者がコミュニケーションを取れるようにして、そこから伝えてもらうようにするのが良いのではないでしょうか。その一方で、タブレット等は高齢の方でも使ってみたいということがあるのでUIを工夫して使ってもらえるようなものを考えていく必要もあると思います。

このテーマはなかなか成功例が見えてこない分野でもありますので、引き続きアイデア出しと実践をやっていかなければいけないと感じています。

2. ITベテランの役割

ITベテランとは、ここでは災害を経験し、そこで何らかの活動をした人と定義させて下さい。ハッカソンをどんどん開催し、いざという時に役立てるようにそこでの成果をストックしてみられるようにしておくのが良いと思います。実際の災害時のニーズが合わないことも想定されますが、短時間で何かを仕上げるハッカソンではスピードと忍耐力が鍛えられるため、緊急時にはその忍耐力を活かして物を作っていくことが出来たらと思います。

そして、そういったイベントに若者をどんどん巻き込んでいくべきです。なぜなら今ここにいるベテランの人は次に何か起こった時には高齢化してるかもしれないからです。

3. 復興・IT・若者

ITの教育と言っても上からではなく「自走するためのエンジンを身につける」ことが大切です。他の人にも教える、伝える、クローズドにせず成果を公開して誰でも使えるものにすることが広がりを産んでいきます。

Eトラック – 復興事業の立ち上げについて、過疎が加速、何を魅力に人は集まるのか等に関する議論

1. プロジェクト立ち上げ

災害発生後10から100時間の間にやっていくことを話しました。避難所のガバナンスの話で、地域にリーダー的な人がいる場合は良いのですが、そういう人がいない場合は治安の問題なども発生する確率が高かったようです。また、避難訓練の際に避難所を立ち上げてITでやることも同時に訓練すると良いのではないかという話もありました。

2. 復興事業の立ち上げ

被災地の過疎化は実は震災が起こる前から進んでいて、そこに震災が起きてスピードアップしてしまった状況です。そこでどうやってコミュニティを活性化するかということがポイントになります。人を集める仕掛け、仕組みづくりが必要ということでいろいろな提案があり、人口を増やすことに成功した徳島の事例を東北と共有すると良いのではないかという話が出ました。また、コミュニティを再生するにはマネジメントスキルを持つ人が必要で、そういう人を如何にして地元で育て活躍してもらうかということが必要です。

会議のその後

10月6日の会議を受けて、10月26日には「減災ソフトウェア開発に関わる一日会議」が行われました。これは、10月6日の議論を深め、さらに新たな知見を集めることで、災害発生時にどのような対応をとることができるのか、実践的かつ理論的に討議することを目的としたものです。

ここでは発災直後のITでの役割やソーシャルメディアの活用ポリシー、被災地で早急にインターネットアクセスを可能にするための技術などについて話されました。たとえば、東日本大震災の際、ソーシャルメディアで情報の拡散を依頼されることがありました。情報によって拡散すべきものとそうでないものがありますし、またより精度の高い情報が後に提供された場合に、拡散した情報をどのように扱うかは検討が必要です。デマが拡散されてしまった事例などを思い出す人もいるでしょう。このように、発災後にどのようにソーシャルメディアを活用するかを事前に明文化しておき、発災とともに、そのポリシーを明示することなどが議論されました。

また、東日本大震災でもITが必ずしも有効に活用されていなかった事実を冷静に見つめなおし、発災後のある段階からより効率的にITを活用するために、もっと組織的に取り組むための話し合い(情報支援レスキュー隊構想)も行われました。

この「減災ソフトウェア開発に関わる一日会議」に見られるように、会議を行うことが目的ではなく、これをきっかけとしてITによる災害への対応を具体的に進めていくことが目的です。そのため、アンカンファレンスで出たアイデアなどを実現していくための仕組みをスタッフ側では用意しようと考えています。具体的には、Wikiを立ちあげ、そこに派生したプロジェクトの進捗や作業メモなどを保管できるようにします。このWikiは発災後の情報ポータルとしても活用可能です。

これからの活動

「ITx災害」会議は昨年に続いて今年の秋にも開催を計画しているところです。防災・減災についてITでなすべき役割においては、「ITx災害」がふさわしい場であると考えられますので、Hack For Japanはその活動を技術面で支える役割を担います。

これまでHack For Japanでは、賛同者の方たちの連携を深めるためにメーリングリスト、ツイッター、Facebookグループを運用してきましたが、現在はFacebookグループが最も活発な場となっており、様々な情報が投稿され議論されていますので、興味のある方はぜひ登録してください。 次回のイベント等についても随時お知らせしていきます。

また、今年から始めた活動としては、防災、減災にITで取り組むための情報である注意報や警報、震源データ等を扱うための気象データ勉強会を開催しました。「ITx災害」会議の際の立ち話がきっかけとなったもので、4月に開催された第1回ではノウハウを持っているエンジニアや気象庁の方に講師として解説して頂き、多数の方に参加頂いて好評だったため続編も計画中です。

Hack For Japanでは1年毎に活動を振り返り、その後も活動を続けて行くかどうか改めて考えることにしており、3年を迎えた際のスタッフの話し合いの中では、Hack For Japanは緩やかにつながっているコミュニティとしても十分存在意義があることが再認識されました。例えば、災害発生時にHack For Japanのコミュニティに連絡すれば、そこでつながり、意義のある活動を開始できるでしょう。それだけでも、東日本大震災の時よりも状況は良くなっているはずです。さらに「ITx災害」で出来た繋がりも、何かあった時にすぐに連携出来る横のつながりと言えると思います。このコミュニティとしてのつながりを維持・強化していくこともこれからのHack For Japanの使命だと感じています。

while (Japan.recovering) {

    we.hack();

}

photo02

最後にこのコードで締めたいと思います。これは「日本が復興するまでハックし続ける」という想いをプログラムコードで表現したもので、最初に作成したTシャツの背中にも刻まれています。この想いを忘れず、決して風化させることのないよう、今後も活動していきたいと思います。

13-takahashi-thumb

高橋 憲一 / Hack For Japan スタッフ / イトナブ理事

震災以降Hack For JapanのスタッフとしてITで出来る復興支援とは何かを考えて活動を続けており、2012年11月から始まった東北TECH道場では石巻会場の講師として頻繁に石巻を訪れイトナブ石巻の理事も務める。本業はAndroidやiOSのアプリ開発エンジニアで、これまで3Dグラフィクスエンジンやセカイカメラの開発に関わり、現在は(株)スマートエデュケーションにて子供向けの知育アプリの開発に携わる。

関連記事

丸山 宏 / 統計数理研究所副所長・教授

「レジリエンス」。自己回復力などとも訳されます。このことはこの1年のユレッジのサブテーマでもありました。1年以上前にこの言葉を最初に僕に教えてくださったのが、統計数理研究所副所長・教授の丸山宏さんでした。2015年3月1 …

詳細を読む

渡部 慶太 / (特活)石巻復興支援ネットワーク 理事

「復興は進んでいますか?」そういう質問をたまに耳にすることがあります。石巻復興支援ネットワーク 理事の渡部 慶太さんに寄稿いただきました。2011年以前と以降で東日本大震災は社会起業と呼ばれていた世界にどう影響を及ぼした …

詳細を読む

江口 晋太朗 / 編集者 / ジャーナリスト / NPO法人スタンバイ理事

今日、防災について考えるにあたって、欠かすことのできないものが「情報」です。編集者、ジャーナリストでNPO法人スタンバイ理事でもある江口晋太朗さんに、防災とジャーナリズムについて改めてお話をいただきたい、というのが今回の …

詳細を読む

鈴木 さち / 東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻博士課程後期1年 / RAW

東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻博士課程後期1年の鈴木さちさんにRAW(リスク&アーキテクチャー・ワークショップ) 石巻をレポートいただきました。イベント・レポートのみならず、そこに至るまでの経緯も含めて、丁寧に …

詳細を読む

北村 孝之 / NPO法人ボランティアインフォ 代表

災害ボランティアセンターをご存知でしょうか。ボランティア希望者とボランティア団体をつなぐ、NPO法人ボランティアインフォの北村 孝之さんにユレッジでインタビューしました。災害時、災害後、求められる中間支援がボランティアの …

詳細を読む

野田 祐機 / 公益社団法人助けあいジャパン 代表理事

公益社団法人助けあいジャパン 代表理事の野田 祐機さんに寄稿いただきました。全国47都道府県から2,000人もの学生を東北へ連れて行く「きっかけバス」。復興や防災を自分ごとにするための助けあいジャパンのプロジェクトです。 …

詳細を読む

ユレッジからのお知らせお知らせ一覧へ

今、読まれている記事

20-maruyama 19-hasebe 18-watanabe 17-eguchi
  • 20-maruyama-thumb
  • 19-hasebe-thumb
  • 18-watanabe-thumb
  • 17-eguchi-thumb

丸山 宏 / 統計数理研究所副所長・教授

「レジリエンス」。自己回復力などとも訳されます。このことはこの1年のユレッジのサブテーマでもありました。1年以上前にこの言葉を最初に僕に教えてくださったのが、統計数理研究所副所長・教授の丸山宏さんでした。2015年3月1 …

詳細を読む

長谷部 雅一(はせべまさかず) / Be-Nature School スタッフ / 有限会社ビーネイチャー取締役 / アウトドアプロデューサー / ネイチャーインタープリター

誰しもが一度は「アウトドアって防災に役立つのでは?」と考えたことあるのではないでしょうか。アウトドアプロデューサー、ネイチャーインタープリターの長谷部 雅一さんにうかがったお話は、アウトドアの経験が防災に役立つ、という話 …

詳細を読む

渡部 慶太 / (特活)石巻復興支援ネットワーク 理事

「復興は進んでいますか?」そういう質問をたまに耳にすることがあります。石巻復興支援ネットワーク 理事の渡部 慶太さんに寄稿いただきました。2011年以前と以降で東日本大震災は社会起業と呼ばれていた世界にどう影響を及ぼした …

詳細を読む

江口 晋太朗 / 編集者 / ジャーナリスト / NPO法人スタンバイ理事

今日、防災について考えるにあたって、欠かすことのできないものが「情報」です。編集者、ジャーナリストでNPO法人スタンバイ理事でもある江口晋太朗さんに、防災とジャーナリズムについて改めてお話をいただきたい、というのが今回の …

詳細を読む

小島 希世子 / 株式会社えと菜園 代表取締役 / NPO農スクール 代表

ユレッジでまだ食べることと防災のことについて扱っていないという時に、ご相談することにしたのがえと菜園代表取締役、NPO農スクール代表の小島希世子さんでした。著書『ホームレス農園: 命をつなぐ「農」を作る! 若き女性起業家 …

詳細を読む

嶋田 洋平 / らいおん建築事務所 代表 / 北九州家守舎代表取締役 / 建築家

私たちは、自分の街のことをどのくらい知っているでしょう?家と駅とコンビニを結ぶ導線以外の道を通ったことはありますか?駅とは反対側の道を歩くとどんな景色が広がっているのか知っていますか?そして、災害が起きた時、またもう一度 …

詳細を読む

松下 弓月 / 僧侶

僧侶の松下弓月さんに寄稿いただきました。ユレッジで、防災と心のケアについて、という難しいお願いに辛抱強く取り組んでいただきました。防災における仏教の役割を、現実的な解として、提示いただけたと思います。 こんにちは。僧侶の …

詳細を読む

高橋 憲一 / Hack For Japan スタッフ / イトナブ理事

震災から3年余りを過ぎて、ITと防災の分野で、ここまで行われてきたことを振り返って俯瞰し、これからの取り組みの見通しが効くようにしたい、それがHack for Japanの高橋憲一さんへのお願いでした。テクノロジーの未来 …

詳細を読む

徳島 泰 / 青年海外協力隊(産業デザイン) / FabLab Bohol マネージャー / 比国貿易産業省 デザインディレクター

今回のテーマは「プロダクトデザイン×防災」ということで、フィリピンのボホール島で青年海外協力隊として活躍する徳島泰さんにスカイプでインタビューしました。国は違えど共通で浮かび上がる災害時の課題。防災において、プロダクトデ …

詳細を読む

鈴木 さち / 東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻博士課程後期1年 / RAW

東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻博士課程後期1年の鈴木さちさんにRAW(リスク&アーキテクチャー・ワークショップ) 石巻をレポートいただきました。イベント・レポートのみならず、そこに至るまでの経緯も含めて、丁寧に …

詳細を読む

北村 孝之 / NPO法人ボランティアインフォ 代表

災害ボランティアセンターをご存知でしょうか。ボランティア希望者とボランティア団体をつなぐ、NPO法人ボランティアインフォの北村 孝之さんにユレッジでインタビューしました。災害時、災害後、求められる中間支援がボランティアの …

詳細を読む

畠山 千春 / 暮らしかた冒険家

2011年3月11日の東日本大震災、その後の原発事故。誰しも、とは言いませんが、一瞬「今、住んでいる場所を離れる」ことを考えた人は多いのではないでしょうか。ユレッジでは糸島シェアハウスに住む、暮らしかた冒険家、畠山千春さ …

詳細を読む

野田 祐機 / 公益社団法人助けあいジャパン 代表理事

公益社団法人助けあいジャパン 代表理事の野田 祐機さんに寄稿いただきました。全国47都道府県から2,000人もの学生を東北へ連れて行く「きっかけバス」。復興や防災を自分ごとにするための助けあいジャパンのプロジェクトです。 …

詳細を読む

児玉 龍彦 / 東京大学アイソトープ総合センターセンター長 / 東京大学先端科学技術研究センター教授

東京大学アイソトープ総合センターセンター長 / 東京大学先端科学技術研究センター教授の児玉龍彦さんに、ユレッジでインタビューして来ました。近著、『放射能は取り除ける 本当に役立つ除染の科学』の内容を踏まえ、南相馬市を中心 …

詳細を読む

小泉瑛一 / 株式会社オンデザインパートナーズ / 一般社団法人ISHINOMAKI 2.0 理事

株式会社オンデザインパートナーズ、一般社団法人ISHINOMAKI 2.0理事の小泉瑛一さんは、震災直後から東日本大震災の被災地、宮城県石巻市に入り、ほぼ常駐に近い形で、現地の方々をはじめとした様々な方々と一緒になってま …

詳細を読む

鈴木 良介 / 株式会社野村総合研究所 ICT・メディア産業コンサルティング部所属

株式会社野村総合研究所ICT・メディア産業コンサルティング部の鈴木良介さんに寄稿いただきました。鈴木さんは『ビッグデータビジネスの時代 堅実にイノベーションを生み出すポスト・クラウドの戦略』のほか、ビッグデータに関する執 …

詳細を読む

三橋 ゆか里 / ライター・記者

ライターの三橋ゆか里さんは、日本のみならず、海外のWEBサービス、アプリ、スタートアップ事情にも精通しており、様々なメディアに執筆されています。ユレッジではテクノロジー企業やスタートアップが、災害時、また、防災に、どのよ …

詳細を読む

04_wada_thumb

2013年06月19日更新

「その時Webが出来ること」

和田 裕介 / 株式会社ワディット代表取締役 / 株式会社オモロキCTO

和田裕介さんは、人気サイト「ボケて」を初めとした、様々なWebサービスを手がけるエンジニアです。和田さんには震災を受けて、自身が開発したWebサービスを振り返りながら、自分自身の経験と、これからWebサービスが防災に果た …

詳細を読む

渡邊 享子 / 日本学術振興会特別研究員 / ISHINOMAKI2.0

渡邉享子さんは、研究者でありながら、東日本大震災以降、ISHINOMAKI2.0のメンバーとして、石巻に居住しながら実践的なまちづくりに取り組んでおられます。その石巻での活動を踏まえ、社会(コミュニティ)と環境のデザイン …

詳細を読む

松村 太郎 / ジャーナリスト、著者

ジャーナリストの松村 太郎さんは、現在、アメリカ西海岸を中心に活躍されています。ユレッジには今年3月、被災地を取材したことを下地に、震災の記録と記憶の情報化について、またそこにある「学び」についての示唆をいただきました。 …

詳細を読む

児玉 哲彦 / フリービット株式会社 戦略デザインセンター デザイナー

フリービット株式会社 戦略デザインセンター デザイナーの児玉 哲彦さんは、自社において、製品開発やブランド醸成、プロジェクトマネージメントなど様々な領域で、デザインをどう実際のアクション・プランに落とし込んでいくか、デザ …

詳細を読む

00_kato_thumb

2013年04月09日更新

「ユレッジとは?」

加藤 康祐 / 株式会社イーティー 代表取締役社長 / プランナー

ユレッジは、日本の「揺れやすさ」と地震防災を考えるサイトです。 ユレッジは: 揺れの「ナレッジ」(知)が集まるメディアであり、 揺れについて学ぶ「カレッジ」(学び)であり、 揺れと日々の暮らしの関わりを考える「ビレッジ」 …

詳細を読む

banner-book-01 title title-itdart j-shis
  • banner-book-01-thumb
  • thumb
  • icon_itdart
  • icon

防災に関わる私が『想像ラジオ』を無視できない3つの理由 あじー なぜいま、災害作品レビューを書くのか 東北地方太平洋沖地震の発生から5年が経ちました。私たちは震災を契機に地震や災害とどう向き合うべきなのか?いまだ確実な答 …

詳細を読む

アイデアの実現可能性、そして、ハッカソンという方法論によるそのアイデアの実現可能性、それらが地震防災にどう役立つのか。ユレッジではアイデアソンに続き行われた「Race for Resilience」のハッカソンを、スター …

詳細を読む

第3回:Blabo! × ユレッジ コラボ企画 世界一地震が起こる日本を、世界一被害が生まれない国にするための防災アイデアレビュー 【A】前回ご紹介したJ-SHIS Mapで断層情報が見れる件、関西在住のお友達に教えてあ …

詳細を読む

'