2014年05月22日

今回のテーマは「プロダクトデザイン×防災」ということで、フィリピンのボホール島で青年海外協力隊として活躍する徳島泰さんにスカイプでインタビューしました。国は違えど共通で浮かび上がる災害時の課題。防災において、プロダクトデザインはどういった役割を果たせるのでしょうか?

取材:葛原 信太郎

名称未設定

日本が日本でなくなる日

まともに呼吸ができないほどの強烈な悪臭を、嗅いだことがありますか?

僕は今まで二度嗅いだことがあります。一回目は、フィリピンのマニラにあるゴミ山。そこにはスカンベンジャーと呼ばれる人たちが住み、そこに集まるゴミから資源になりそうなものを回収し、業者に販売することで生計をたてています。生ごみもプラスチックもすべて一緒に積み上げられたそのゴミ山が放つ悪臭は精神が正常でいられるレベルではなく、そこで生活をするという状況が全く信じられませんでした。

二回目はどこかというと、それは日本です。2011年のゴールデンウィーク。東日本大震災のボランティアで訪れた石巻市の港エリアでした。水産加工工場が立ち並んでいたその場所は津波によって破壊しつくされて、大量の魚肉が放置されていました。震災から二ヶ月が経とうとするタイミングでは当然腐っています。腐った魚肉を大量のかもめが突っついていて、ヒッチコックの「鳥」さながらの恐怖でした。あの時に悪臭、大量のかもめの姿とその鳴き声、そしてあたりの壊滅してしまった工場群、あの時のことは強烈に心に残っています。

ひとたび災害が起きれば、そこは日本であっても日本でないような状況下に置かれます。お金を出せば必要な物が買える、蛇口をひねれば水が出る、トイレを流せば下水処理される。そんな常識はどこかに消えてしまう非常事態。そんな世界をサバイブするにはどんなことが必要になるのでしょう?

今回話を伺う徳島泰さんは、青年海外協力隊員として、フィリピンのボホール島に派遣されている方。昨年フィリピンを襲った大地震の際には、自宅が全壊しながらも、被害状況をレポートにまとめて、日本政府の緊急支援の現地の取り回しを行うなど、大変活躍されています。

そんな彼が現地で行っているのは「FabLab」の立ち上げです。FabLabとは、「デジタルからアナログまでの多様な工作機械を備えた、実験的な市民工房のネットワーク」と定義されるもので、3次元プリンタやカッティングマシンなどの工作機械を備えた工場のこと。個人による自由なものづくりの可能性を広げるという目的のため、その利用に関しては広く市民が使えるようになっています。日本では、渋谷や鎌倉、大阪、仙台、大分と次々と新しいFabLabがオープンしていて、そのネットワークは世界中に広がっています。

2

必要な物を自分でつくる

「日本では、医療機器メーカーのプロダクトデザイナーとして働いていました。心電図計とか、骨密度計とかのデザインですね。日本の医療はとてもレベルが高いですから、たとえば98%治せる病気を99%治せるようするとか、そういうレベルに達していて、それってすごくお金がかかる。医療費は高くなる一方だけど、逆に病院にかかりたくてもかかれない人もいて、そういう人達に対して、医療におけるプロダクトデザインはあまり貢献できていないわけです。元々発展途上国の医療に関わりたくてこの業界に入ったのに、自分の中では納得出来ない部分があって。自分のデザインの力を使うべきところは別になるのではないかとの思いから、青年海外協力隊に参加することにしました。」

プロダクトデザイナーとして社会にどうやって貢献できるのか、その答えの一つとして浮かんできたのが、パーソナル・ファブリケーション(Personal Fablication)、つまり、人が本当に必要なものを自分で手作りするという考え方でした。フィリピンでは、災害で家が壊れても、ココナツなどの身近な木を切り、自分でセメントをこねて、家を直してしまう人も多い。ただ、ものづくりのレベルは低いので、災害に強いわけではありません。技術の底上げは必要ですが、そもそもFabLabの概念が人々にも取り入れやすい状況であったといえるでしょう。

「例えば、こちらでは下水処理が整っていないから、肥溜めに排泄物を流しています。各家庭のトイレから肥溜めまでパイプがつながっていて、そこで自然に分解されるのを待つという仕組みです。しかし、地震でパイプが割れたり肥溜めが壊れて、地下水に排泄物が浸透してしまうということが起きました。地下水が汚染されると、それを飲んでしまうことにより、病気が蔓延します。こんな時にFabLabがあれば、簡易トイレを作れるし、壊れた箇所を補修するパイプも生産可能でしょう。」

災害時には、お金があってもモノが買えない、いつも使っている設備が電気がなくて動かないといった状況に陥ります。そうなってしまったら自分に必要なものを自分でつくるしかない。それはまさしく市民によるプロダクトデザインです。もっと親しみやすい言葉で言えばDIY(Do It Yourself.)。このようなものづくりの地産地消は、地域の経済支援にもなります。頑張って稼いだお金で、外からものを買っていては地域の経済は回っていきません。稼いだお金で地域で生産したものを買うことで、そのお金は地域をグルグルとまわっていく。だからこそ、徳島さんはFabLab Bohol, Philippines.を設立し、途上国の開発としてFabLabのシステムを活用しようとしています。さらに興味深いのは、FabLabがもたらす本質的な社会変革。それは、一箇所集中型から複数分散型への移行です。

3

災害に強い複数分散型の社会へ

「今回のフィリピンの地震で大きな問題になったのは、地方の孤立でした。橋も道も破壊されて、現場に行くことができない。そうすると食糧や医療品のデリバリーもできないし、被害状況の把握もできない。そこまで大きな被害が出ていると、電気や水道も遮断されてしまっている可能性が高く、今回の地震では実際に全てのインフラが遮断されてしまう地域がいくつもありました。こういった状況にとことん弱いのが、一箇所集中型のシステムです。

大きな発電所から電線で電気を送るには電線が繋がっていないとできません。ゴミの処理も、収集車で集めて一箇所で処理するというやり方だと、道路が復旧するまでゴミが溜まり続けます。結果、不衛生な環境を引き起こし、伝染病などの病気を蔓延させる結果を招きました。

その逆が複数分散型システムですね。村レベルで管理できるインフラを設置する。そうすれば、たとえライフラインが絶たれたとしても、ある程度の必要なものは揃います。

こういった地域ごとにもつ小さなインフラ自体を、FabLabで作ることも可能です。水道設備を整えるために大きな工事をするのではなく、ろ過装置をファブラボで作って、地域の井戸に設置していく。小さい小水力発電装置を作って、地域の川に設置し、それで近所の電気を賄う。地域ごとに違うにあわせた細かなカスタムもFabLabなら対応できます。

さらに、ゴミ問題も解決できるかもしれません。今回の被災地には、支援物資がたくさん入ってきました。もちろんありがたいわけですが、同時に大量にプラスチックゴミを生み出します。そこに雨が降ってくぼみに水が貯まると、ボウフラが発生して、デング熱が蔓延するということが実際に起きました。ごみ処理を一箇所集中に頼っていると、収集されるまでゴミは溜まり続け、二次災害を引き起こしてしまうのです。そういった反省から、今はプラスチックゴミをリサイクルして、3Dプリンタ用のフィラメントとして活用する技術を慶應大学と共同研究をしています。材料をゴミから生み出すことで、材料すら自活することが可能になります。」

4

インフラの遮断から起こる地域の孤立。これは東北でも起きたことですよね。むしろ地方の過疎化、高齢化が進む日本のほうがより深刻かもしれません。地域にかぎらず起きうる災害時の事例。この点に関してもFabLabは、その世界中に広がるネットワークにより新しい希望を生み出します。例えばイタリアのとあるデザイナーが画期的なろ過装置を作ったとして、それをFabLabで作れるとしたら、そのデザインはネットワークで世界中にシェアされて、どの国のFabLabでも作ることができます。あなたがデザインした防災に関するアイデアや技術を世界の誰かのために活かすこともできるでしょう。徳島さんはFabLabのアジアネットワークの中心人物でもあり、5月2日〜7日にはボホール島で第一回目のFabLabAsiaのカンファレンスも開催されました。このアジアネットワークにより技術的に先を行く日本や台湾のものづくりを、東南アジアの生活改善にスムーズに応用することができますし、同じような条件の東南アジア同士がお互いに助けあうこともできるでしょう。(カンファレンスの様子はこちら

フィリピン国大統領に自ら説明する徳島さん

フィリピン国大統領に自ら説明する徳島さん

FabLabを通じたプロダクトデザインが防災に果たすことのできる役割は2つ。それは「必要な物を自分でつくること」と「一極集中から複数分散に移行すること」です。そして、このキーワードは防災だけではなく、貧困削減や地域活性化にもつながる無限の可能性を秘めています。

ただ、いきなりものづくりと言われても今の日本人には難しいでしょう。僕も正直、難しいです。必要なものは買うということに慣れすぎてしまっているわけですから。東京が東京でなくなる日、東京を大地震が襲う日も、そう遠くない未来に来ると言われています。その時に自分がサバイブするため、大切な人を守るために、練習することが必要ですね。ファブラボを利用してみる。小さな規模で農業をはじめてみる。コンポストを利用してみる。日本が日本でなくなる日、あなたはどうサバイブしますか?

徳島 泰 / 青年海外協力隊(産業デザイン) / FabLab Bohol マネージャー / 比国貿易産業省 デザインディレクター

学生時代はWEBとビジュアルデザインとインターネット技術を中心に学び、大学在学中よりIT系ベンチャー企業に勤務。2004年より個人事業にてWEBデザイナー兼SE。

プロダクトデザイナーへのキャリアチェンジのため2007年に大学に再入学。2009年より医療機器メーカーのインハウスデザイナーとして、医療機器のプロダクトデザイン、GUIデザインなどを手がける。2012年8月より同職。

関連記事

渡邊 享子 / 日本学術振興会特別研究員 / ISHINOMAKI2.0

渡邉享子さんは、研究者でありながら、東日本大震災以降、ISHINOMAKI2.0のメンバーとして、石巻に居住しながら実践的なまちづくりに取り組んでおられます。その石巻での活動を踏まえ、社会(コミュニティ)と環境のデザイン […]

詳細を読む

児玉 哲彦 / フリービット株式会社 戦略デザインセンター デザイナー

フリービット株式会社 戦略デザインセンター デザイナーの児玉 哲彦さんは、自社において、製品開発やブランド醸成、プロジェクトマネージメントなど様々な領域で、デザインをどう実際のアクション・プランに落とし込んでいくか、デザ […]

詳細を読む

ユレッジからのお知らせお知らせ一覧へ

今、読まれている記事

丸山 宏 / 統計数理研究所副所長・教授

「レジリエンス」。自己回復力などとも訳されます。このことはこの1年のユレッジのサブテーマでもありました。1年以上前にこの言葉を最初に僕に教えてくださったのが、統計数理研究所副所長・教授の丸山宏さんでした。2015年3月1 […]

詳細を読む

長谷部 雅一(はせべまさかず) / Be-Nature School スタッフ / 有限会社ビーネイチャー取締役 / アウトドアプロデューサー / ネイチャーインタープリター

誰しもが一度は「アウトドアって防災に役立つのでは?」と考えたことあるのではないでしょうか。アウトドアプロデューサー、ネイチャーインタープリターの長谷部 雅一さんにうかがったお話は、アウトドアの経験が防災に役立つ、という話 […]

詳細を読む

渡部 慶太 / (特活)石巻復興支援ネットワーク 理事

「復興は進んでいますか?」そういう質問をたまに耳にすることがあります。石巻復興支援ネットワーク 理事の渡部 慶太さんに寄稿いただきました。2011年以前と以降で東日本大震災は社会起業と呼ばれていた世界にどう影響を及ぼした […]

詳細を読む

江口 晋太朗 / 編集者 / ジャーナリスト / NPO法人スタンバイ理事

今日、防災について考えるにあたって、欠かすことのできないものが「情報」です。編集者、ジャーナリストでNPO法人スタンバイ理事でもある江口晋太朗さんに、防災とジャーナリズムについて改めてお話をいただきたい、というのが今回の […]

詳細を読む

小島 希世子 / 株式会社えと菜園 代表取締役 / NPO農スクール 代表

ユレッジでまだ食べることと防災のことについて扱っていないという時に、ご相談することにしたのがえと菜園代表取締役、NPO農スクール代表の小島希世子さんでした。著書『ホームレス農園: 命をつなぐ「農」を作る! 若き女性起業家 […]

詳細を読む

嶋田 洋平 / らいおん建築事務所 代表 / 北九州家守舎代表取締役 / 建築家

私たちは、自分の街のことをどのくらい知っているでしょう?家と駅とコンビニを結ぶ導線以外の道を通ったことはありますか?駅とは反対側の道を歩くとどんな景色が広がっているのか知っていますか?そして、災害が起きた時、またもう一度 […]

詳細を読む

松下 弓月 / 僧侶

僧侶の松下弓月さんに寄稿いただきました。ユレッジで、防災と心のケアについて、という難しいお願いに辛抱強く取り組んでいただきました。防災における仏教の役割を、現実的な解として、提示いただけたと思います。 こんにちは。僧侶の […]

詳細を読む

高橋 憲一 / Hack For Japan スタッフ / イトナブ理事

震災から3年余りを過ぎて、ITと防災の分野で、ここまで行われてきたことを振り返って俯瞰し、これからの取り組みの見通しが効くようにしたい、それがHack for Japanの高橋憲一さんへのお願いでした。テクノロジーの未来 […]

詳細を読む

徳島 泰 / 青年海外協力隊(産業デザイン) / FabLab Bohol マネージャー / 比国貿易産業省 デザインディレクター

今回のテーマは「プロダクトデザイン×防災」ということで、フィリピンのボホール島で青年海外協力隊として活躍する徳島泰さんにスカイプでインタビューしました。国は違えど共通で浮かび上がる災害時の課題。防災において、プロダクトデ […]

詳細を読む

鈴木 さち / 東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻博士課程後期1年 / RAW

東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻博士課程後期1年の鈴木さちさんにRAW(リスク&アーキテクチャー・ワークショップ) 石巻をレポートいただきました。イベント・レポートのみならず、そこに至るまでの経緯も含めて、丁寧に […]

詳細を読む

北村 孝之 / NPO法人ボランティアインフォ 代表

災害ボランティアセンターをご存知でしょうか。ボランティア希望者とボランティア団体をつなぐ、NPO法人ボランティアインフォの北村 孝之さんにユレッジでインタビューしました。災害時、災害後、求められる中間支援がボランティアの […]

詳細を読む

畠山 千春 / 暮らしかた冒険家

2011年3月11日の東日本大震災、その後の原発事故。誰しも、とは言いませんが、一瞬「今、住んでいる場所を離れる」ことを考えた人は多いのではないでしょうか。ユレッジでは糸島シェアハウスに住む、暮らしかた冒険家、畠山千春さ […]

詳細を読む

野田 祐機 / 公益社団法人助けあいジャパン 代表理事

公益社団法人助けあいジャパン 代表理事の野田 祐機さんに寄稿いただきました。全国47都道府県から2,000人もの学生を東北へ連れて行く「きっかけバス」。復興や防災を自分ごとにするための助けあいジャパンのプロジェクトです。 […]

詳細を読む

児玉 龍彦 / 東京大学アイソトープ総合センターセンター長 / 東京大学先端科学技術研究センター教授

東京大学アイソトープ総合センターセンター長 / 東京大学先端科学技術研究センター教授の児玉龍彦さんに、ユレッジでインタビューして来ました。近著、『放射能は取り除ける 本当に役立つ除染の科学』の内容を踏まえ、南相馬市を中心 […]

詳細を読む

小泉瑛一 / 株式会社オンデザインパートナーズ / 一般社団法人ISHINOMAKI 2.0 理事

株式会社オンデザインパートナーズ、一般社団法人ISHINOMAKI 2.0理事の小泉瑛一さんは、震災直後から東日本大震災の被災地、宮城県石巻市に入り、ほぼ常駐に近い形で、現地の方々をはじめとした様々な方々と一緒になってま […]

詳細を読む

鈴木 良介 / 株式会社野村総合研究所 ICT・メディア産業コンサルティング部所属

株式会社野村総合研究所ICT・メディア産業コンサルティング部の鈴木良介さんに寄稿いただきました。鈴木さんは『ビッグデータビジネスの時代 堅実にイノベーションを生み出すポスト・クラウドの戦略』のほか、ビッグデータに関する執 […]

詳細を読む

三橋 ゆか里 / ライター・記者

ライターの三橋ゆか里さんは、日本のみならず、海外のWEBサービス、アプリ、スタートアップ事情にも精通しており、様々なメディアに執筆されています。ユレッジではテクノロジー企業やスタートアップが、災害時、また、防災に、どのよ […]

詳細を読む

2013年06月19日更新

「その時Webが出来ること」

和田 裕介 / 株式会社ワディット代表取締役 / 株式会社オモロキCTO

和田裕介さんは、人気サイト「ボケて」を初めとした、様々なWebサービスを手がけるエンジニアです。和田さんには震災を受けて、自身が開発したWebサービスを振り返りながら、自分自身の経験と、これからWebサービスが防災に果た […]

詳細を読む

渡邊 享子 / 日本学術振興会特別研究員 / ISHINOMAKI2.0

渡邉享子さんは、研究者でありながら、東日本大震災以降、ISHINOMAKI2.0のメンバーとして、石巻に居住しながら実践的なまちづくりに取り組んでおられます。その石巻での活動を踏まえ、社会(コミュニティ)と環境のデザイン […]

詳細を読む

松村 太郎 / ジャーナリスト、著者

ジャーナリストの松村 太郎さんは、現在、アメリカ西海岸を中心に活躍されています。ユレッジには今年3月、被災地を取材したことを下地に、震災の記録と記憶の情報化について、またそこにある「学び」についての示唆をいただきました。 […]

詳細を読む

児玉 哲彦 / フリービット株式会社 戦略デザインセンター デザイナー

フリービット株式会社 戦略デザインセンター デザイナーの児玉 哲彦さんは、自社において、製品開発やブランド醸成、プロジェクトマネージメントなど様々な領域で、デザインをどう実際のアクション・プランに落とし込んでいくか、デザ […]

詳細を読む

2013年04月09日更新

「ユレッジとは?」

加藤 康祐 / 株式会社イーティー 代表取締役社長 / プランナー

ユレッジは、日本の「揺れやすさ」と地震防災を考えるサイトです。 ユレッジは: 揺れの「ナレッジ」(知)が集まるメディアであり、 揺れについて学ぶ「カレッジ」(学び)であり、 揺れと日々の暮らしの関わりを考える「ビレッジ」 […]

詳細を読む

防災に関わる私が『想像ラジオ』を無視できない3つの理由 あじー なぜいま、災害作品レビューを書くのか 東北地方太平洋沖地震の発生から5年が経ちました。私たちは震災を契機に地震や災害とどう向き合うべきなのか?いまだ確実な答 […]

詳細を読む

アイデアの実現可能性、そして、ハッカソンという方法論によるそのアイデアの実現可能性、それらが地震防災にどう役立つのか。ユレッジではアイデアソンに続き行われた「Race for Resilience」のハッカソンを、スター […]

詳細を読む

第3回:Blabo! × ユレッジ コラボ企画 世界一地震が起こる日本を、世界一被害が生まれない国にするための防災アイデアレビュー 【A】前回ご紹介したJ-SHIS Mapで断層情報が見れる件、関西在住のお友達に教えてあ […]

詳細を読む

'